FC2ブログ

■‘68 | ザ・チャリオットやノーマ・ジーンで活動したジョシュ・スコギンによるアトランタのノイズ・パンク・デュオ、‘68。ニュー・ドラマー、ニッコー・ヤマダが加入後初となる自身3枚目のアルバム『ギヴ・ワン・テイク・ワン』、リリース。プロデュース:ニック・ラスクリネクズ(フー・ファイターズ、ラッシュ、アリス・イン・チェインズ)。



2020.3.31 ON SALE

ザ・チャリオットやノーマ・ジーンで活動したジョシュ・スコギンによるアトランタのノイズ・パンク・デュオ、‘68。ニュー・ドラマー、ニッコー・ヤマダが加入後初となる自身3枚目のアルバム『ギヴ・ワン・テイク・ワン』、リリース。
●プロデュース:ニック・ラスクリネクズ(フー・ファイターズ、ラッシュ、アリス・イン・チェインズ)


■アーティスト:‘68(‘68)
■タイトル:GIVE ONE TAKE ONE(ギヴ・ワン・テイク・ワン)
■品番:COOKCD755J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Knife, The Knife, The Knife
2. Bad Bite
3. Nickels and Diamonds
4. What You Feed
5. What You Starve
6. The Silence, The Silence, The Silence
7. Life and Debt
8. Lovers In Death
9. Nervous Passenger
10. The Storm, The Storm, The Storm

'68 - The Knife, The Knife, The Knife (Official Music Video)


ノイジーなアトランタのデュオ、‘68は待望のサード・アルバム『Give One Take One』を2021年3月にリリースする。アルバムからのファースト・シングルは「The Knife, The Knife, The Knife」で、同曲のビデオはヴォーカル/ギターのJosh Scogin(元The Chariot、Norma Jean)により作られた。新しいドラマー、Nikko Yamadaが加わり、デュオはブルースにインスパイアされた圧倒的なサウンドの壁を爆発させる。アルバムのプロデュースはNick Raskulinecz(Foo Fighters、Rush、Alice In Chains)で、彼は‘68のライヴ・セットの僅か数曲でバンドの信者となった。これは同じくRaskulineczによりレコーディングされた2020年のEP『Love Is Ain’t Dead』に続く作品で、パンデミックによりKornとFaith No Moreのサポート・ツアーが中心になった時に制作された。




スポンサーサイト



2021-02-11 : Cooking Vinyl :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム