FC2ブログ

■ARAB STRAP | NME - 4/5(最高傑作)、Clash Music - 9/10 、Uncut - 8/10。スコットランドの伝説のインディ・ロック・バンド、アラブ・ストラップ。16年ぶりとなる自身7枚目のアルバム『アズ・デイズ・ゲット・ダーク』を盟友モグワイのレーベル、ロック・アクションより、3/5、リリース。



2021.3.5 ON SALE[世界同時発売]

エイダン・モファットとマルコム・ミドルトンによるスコットランドの伝説のインディ・ロック・バンド、アラブ・ストラップ。16年ぶりとなる自身7枚目のアルバム『アズ・デイズ・ゲット・ダーク』を盟友モグワイのレーベル、ロック・アクションよりリリース。
●プロデュース:ポール・サヴェージ(モグワイ、ザ・トワイライト・サッド)


■アーティスト:ARAB STRAP(アラブ・ストラップ)
■タイトル:AS DAYS GET DARK(アズ・デイズ・ゲット・ダーク)
■品番:ROCKACT137CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Turning of Our Bones
2. Another Clockwork Day
3. Compersion Pt. 1
4. Bluebird
5. Kebabylon
6. Tears On Tour
7. Here Comes Comus!
8. Fable of the Urban Fox
9. I Was Once a Weak Man
10. Sleeper
11. Just Enough

Arab Strap // Compersion Pt.1 (Censored Version)


Arab Strap // The Turning of Our Bones


●時代の頂点に立ったグループであるにもかかわらず、Aidan Moffatはアルバムの目的を「90年代を取り戻すこと」ではなく、新しいツール、サウンド、そして前向きな探求心を備えた斬新な作品を作ることとしていた。「このアルバムは僕にとって全く新しいもののように感じる。確かにArab Strapの作品だが、より老練で賢く、そして、より良いものとなった」と彼は語る。11のトラックを通し、バンドはコアとなるサウンドの基盤と多くの人々を惹きつけた自身の魅力を活用し、それを新しい地形にまで広げた。ポストロックのサウンドスケープ、絶妙なエレクトロニクス、クリックするドラム・ビート、隆起するストリングス、Moffatの半分歌われ半分語られる比類のないヴォーカル等、そこには彼らを表す全てが存在するが、一方、サックスの爆発、ディスコのグルーヴ、豊潤なプロダクションといった新たな要素も加わっている。「僕らは十分な距離を置いて、やってきたことの中で良かった事と悪かった事を再評価し、分析した。こんなことができるバンドはそれほど多くない。そうした意味で一度解散したのはよかった」とMalcolm Middletonは語る。『As Days Get Dark』は進化と革命を感じられるレコードだ。これまでの継続だけではなく、未来への大胆な飛躍も存在する。「平凡な事をするために再び一緒になっても意味がないからね」とMiddletonは結論付ける。
●Arab Strapは1995年に結成されたAidan MoffatとMalcolm Middletonによるスコットランドのインディ・ロック・バンドだ。1996年にグラスゴーのレーベル、Chemikal Undergroundからデビュー・アルバム『The Week Never Starts Round Here』をリリース。続く1998年のセカンド・アルバム『Philophobia』はUKトップ40ヒットを記録し、1999年にはメジャーのGo! Beatよりサード・アルバム『Elephant Shoe』をリリースした。再びChemikal Undergroundに戻り『The Red Thread』(2001年)、『Monday at the Hug & Pint』(2003年)とアルバムをリリースするも、2005年の6枚目のアルバム『The Last Romance』を最後に2006年に解散。2016年にライヴを行うために再結成した。




スポンサーサイト



2021-03-05 : Arab Strap :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム