FC2ブログ

■REIGNING SOUND | グレッグ・カートライト率いる米アシュビルのロック・バンド、レイニング・サウンド。生まれ故郷のメンフィスで以前のメンバーと作り上げた7年振りのアルバム『ア・リトル・モア・タイム・ウィズ・レイニング・サウンド』、リリース。



2021.5.26 ON SALE

グレッグ・カートライト率いる米アシュビルのロック・バンド、レイニング・サウンド。生まれ故郷のメンフィスで以前のメンバーと作り上げた7年振りのアルバム『ア・リトル・モア・タイム・ウィズ・レイニング・サウンド』、リリース。


■アーティスト:REIGNING SOUND(レイニング・サウンド)
■タイトル:A LITTLE MORE TIME WITH REIGNING SOUND(ア・リトル・モア・タイム・ウィズ・レイニング・サウンド)
■品番:MRG760JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Do It Again Real Soon
2. A Little More Time
3. I Don’t Need That Kind of Lovin’
4. I’ll Be Your Man
5. Oh Christine
6. Moving & Shaking
7. You Don’t Know What You’re Missing
8. Make It Up
9. A Good Life
10. Just Say When
11. You Ain’t Me
12. On and On

Reigning Sound - A Little More Time (Official Audio)


Greg Cartwrightがアシュビルに移って15年以上が経つが、このメンフィスで作られたレコードは、ソングライターが最高の形で彼の出身地から完全にインスピレーションを得ていることを証明している。また、馴染みがあるのは土地だけではない。この新しい作品でCartwrightは、バンドの初期の作品でもプレイしたJeremy Scott(B)、Greg Roberson(Dr)、Alex Greene(Key)というオリジナルの「メンフィス・ラインナップ」を復活させている。新しい楽曲は歌詞的にも音楽的にも新たな領域を探求している。一方で、2001年の『Break Up, Break Down』や2001年の『Time Bomb High School』といった初期の作品も上手く反映させている。そして、それは偶然ではない。過去に一緒にプレイしたミュージシャン同士が同じスタジオに入ると、まさに起こることなのだ。彼らのケミストリーは全く衰えていない。




スポンサーサイト



2021-03-23 : Merge :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム