fc2ブログ

■THE WALLFLOWERS | ザ・ウォールフラワーズ、7/9発売のニュー・アルバム『EXIT WOUNDS(イグジット・ワウンズ)』より「Maybe Your Heart’s Not In It No More」「Who’s That Man Walking ‘Round My Garden 」を公開。



Maybe Your Heart's Not In It No More


Who's That Man Walking 'Round My Garden







2021.7.9 ON SALE[世界同時発売]

数々のヒットを飛ばすボブ・ディランの息子、ジェイコブ・ディランによるバンド、ザ・ウォールフラワーズ。実に9年振りとなる7枚目のアルバム『イグジット・ワウンズ』、リリース。


■アーティスト:THE WALLFLOWERS(ザ・ウォールフラワーズ)
■タイトル:EXIT WOUNDS(イグジット・ワウンズ)
■品番:NW6497CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,500+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■その他:世界同時発売
■収録曲目:
1. Maybe Your Heart’s Not In It No More
2. Roots And Wings
3. I Hear The Ocean (When I Wanna Hear Trains)
4. The Dive Bar In My Heart
5. Darlin’ Hold On
6. Move The River
7. I’ll Let You Down (But Will Not Give You Up)
8. Wrong End Of The Spear
9. Who’s That Man Walking ‘Round My Garden
10. The Daylight Between Us

Roots And Wings


●過去30年間、Jakob Dylanが主導するThe Wallflowersは、ロックにおいて最もダイナミックで目的を持ったバンドとして存在してきた。タイムレスなソングライティングとストーリーテリングをモダン・ミュージックに調和させ、サウンドに集中し、継続的に磨きをかけてきたのだ。その特徴的なスタイルは何十年にもわたって提示され、1996年の大ヒット・アルバム『Bringing Down the Horse』や目下の最新作である2012年の『Glad All Over』に焼き付けられている。『Exit Wounds』はThe Wallflowersの新しいスタジオ・アルバムとなる。タイトルの通り、この作品は幾つかの事を経験した個人および集団の人々への賛辞となる。「4年前と同じ人は誰もいない。これが僕にとって『Exit Wounds』が意味するものだ。否定的なことを意味するものではない。どこへ向かっても、たとえそれがより良い場所に向かっていたとしても、我々は人や物を置き去りにし、それらについて考え、結果、常にそれらを身につけることになってしまう。それこそが『Exit Wounds』で、僕らは皆、その中で泳いでいるのだ」とDylanは語る。
●The WallflowersはBob Dylanの息子、Jakob Dylan により1989年にLAで結成された。1992年にデビュー・アルバム『The Wallflowers』をリリース。1996年にリリースしたセカンド・アルバム『Bringing Down the Horse』はプラチナ・ディスクとなり、400万枚以上のセールスを記録。バンドは1998年のグラミー賞で最優秀ロック・パフォーマンスと最優秀ベスト・ロック・ソングを獲得した。その後も継続的にアルバムを発表し、2012年には目下の最新作『Glad All Over』をリリースした。




スポンサーサイト



2021-06-12 : The Wallflowers :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム