fc2ブログ

■JOHN GRANT | MOJO★★★★、Uncut(8/10)、Record Collector★★★★、The Skinny★★★★、The Line of Best Fit(8/10)、他。ジョン・グラント、ケイト・ル・ボンをプロデュースに迎えた5枚目のアルバム『BOY FROM MICHIGAN(ボーイ・フロム・ミシガン)』、6/30、リリース。



“Boy From Michigan has the American fusing the piano-led chamber pop of his early releases with the jagged electronica of his more recent work. Produced by Cate Le Bon, it is dependably doleful and caustic as the singer shines unforgiving light on his troubled upbringing and the cruel joke that is the American dream. On ‘Mike and Julie’, clarinet and synth decorate a lyric about Grant’s first lover, with tenderness and regret coming together in one of his most beautiful melodies.” Sunday Times – Album Of The Week

“Boy From Michigan is Grant in panoramic mode, looking back and looking forward to create his biggest picture yet.” MOJO – 4 stars ****

“An expansive and frequently exquisite summation of Grant’s storytelling powers... Boy From Michigan develops as a multi-layered and resonant coming-of-age story-in-songs... These songs cut to the quick with character and feeling, wit and precision.” Record Collector – 4 stars ****

“Vangelis meets Harry Nilsson” Uncut – 8/10

“a gorgeously observed working through of personal and national demons.” Loud & Quiet – 7/10

“Boy From Michigan is an unhurried, loping listen, sprawling over 75 minutes with sumptuous synths and a ten-minute tirade on Trump’s America (The Only Baby) ... There are plenty of perfectly formed moments.” The Skinny – 4 stars ****

“A record filled with retro synths and Grant’s lush vocals.” Classic Pop

“Utterly compelling” - The Line of Best Fit 8/10

“Exquisite songwriting... yet another collection of outstanding songs from John Grant. A series of personal and slightly tragic vignettes that he relays magnificently.”- Louder than War

“Boy From Michigan affirms John Grant as one of the great singer-songwriters of our time. If there’s a centre ground between the songcraft of Elton John and the sonic experimentalism of Kraftwerk then Grant claims for his own. His fifth solo album is a work of great power and beauty.” The Daily Telegraph – 4 stars **** (Album Of The Week)

“Boy From Michigan is Grant’s futuristic vision of his past, filtered through his bleak, witty, lacerating worldview. And it is a delight.” The Times – 4 stars **** (Album Of The Week)

“He takes the idea of pop-as-autobiography to new heights on his remarkable new record” The i News – 4 stars ****

“Wildly ambitious and emphatically realised, the new songs represent an ideal marriage of Grant’s strengths – soaring piano-led balladry and angular, rhythmic synth workouts.” The Sun – 4 stars ****






2021.6.30 ON SALE

米ミシガン出身のシンガーソングライター、ジョン・グラント。ケイト・ル・ボンをプロデュースに迎えた5枚目のアルバム『ボーイ・フロム・ミシガン』をリリース。


■アーティスト:JOHN GRANT(ジョン・グラント)
■タイトル:BOY FROM MICHIGAN(ボーイ・フロム・ミシガン)
■品番:BELLA1220CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Boy From Michigan
2. County Fair
3. The Rusty Bull
4. The Cruise Room
5. Mike And Julie
6. Best In Me
7. Rhetorical Figure
8. Just So You Know
9. Dandy Star
10. Your Portfolio
11. The Only Baby
12. Billy

John Grant - Boy from Michigan


John Grant - The Only Baby (Official Lyric Video)


●John Grantは社会的少数者の立場から、偉大なミュージシャンとしての地位を確立した。12歳の時、Grantはデンバーに移り、ミシガンの少年ではなくなった。「アメリカのカースト制について全てを学んだ。そして僕がどこに位置づけられるのかも理解した」と彼は語る。John Grantのアルバムは常に詩集から導き出された小作品のように感じる。『Boy from Michigan』は作者のシャギー・ドッグ・ストーリー(荒唐無稽な話)だ。それぞれの曲は、リサイクル・ショップで手に入れた革製の本のチャプター(章)のようになっており、小説的なアプローチがとられている。「自分はどこからきてどうなったのか、ということだけを考えているだけのように思う」と彼は語る。Cate Le Bonをプロデューサーに迎え、Grantはギミックを削ぎ落した。そして、メロディのエモーショナルなインパクトを最大化し、ボードビルのノイズを取り除き、自らが住む為の実り多く、倹約で、奇妙に組織化された新しい世界を高めたのだ。
●米ミシガン出身のシンガーソングライター、John Grantはデンバーのロック・バンド、The Czarsのメンバーとして活動した後、ソロに転向。2010年にデビュー・アルバム『Queen of Denmark』をリリースした。2013年のセカンド・アルバム『Pale Green Ghosts』が高い評価を獲得し、2015年のサード・アルバム『Grey Tickles, Black Pressure』は全英チャートで5位を記録。2018年にはWranglerのメンバー、Benge(Ben Edwards)とコラボレートした4枚目のアルバム『Love Is Magic』をリリースした。




スポンサーサイト



2021-06-28 : Bella Union :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム