fc2ブログ

■SAINT ETIENNE | デビュー・アルバムから30年、ロンドンのトリオ、セイント・エティエンヌの新作が完成。1993年の『ソー・タフ』以来となるサンプルをベースとした10枚目のアルバム『アイヴ・ビーン・トライング・トゥ・テル・ユー』、リリース。



2021.9.10 ON SALE[世界同時発売]

デビュー・アルバムから30年、ロンドンのトリオ、セイント・エティエンヌの新作が完成。1993年の『ソー・タフ』以来となるサンプルをベースとした10枚目のアルバム『アイヴ・ビーン・トライング・トゥ・テル・ユー』、リリース。


■アーティスト:SAINT ETIENNE(セイント・エティエンヌ)
■タイトル:I’VE BEEN TRYING TO TELL YOU(アイヴ・ビーン・トライング・トゥ・テル・ユー)
■品番:HVNLP196CDJ[CD/国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Music Again
2. Pond House
3. Fonteyn
4. Little K
5. Blue Kite
6. I Remember It Well
7. Penlop
8. Broad River

Saint Etienne - Pond House


●画期的であったデビュー・アルバム『Foxbase Alpha』から30年、愛されるロンドンのトリオ、Saint Etienneは、2021年9月10日に10枚目のスタジオ・アルバム『I’ve Been Trying To Tell You』をHeavenly Recordingsよりリリースする。アルバムは1997年から2001年までのサンプルとサウンドをベースに制作された。これは、労働党が選挙で勝利し、ツイン・タワーへのテロ攻撃が起こった期間だ。今回、初めてSaint Etienneはスタジオで一緒にレコーディングを行わなかった。映画やテレビの作曲家、Gus Bousfieldとのコラボレーションの元、ホーブ(Pete Wiggs)、オックスフォード(Sarah Cracknell)、ブラッドフォード(Bob Stanley)と、アルバムはリモートで完成した。「これは、僕にとって、楽観主義、90年代後半、そして、如何に記憶は信頼できない語り手であるか、ということについてのアルバムだ。サウンドはゴージャスで、PeteとGusは素晴らしい仕事をした」とBobは説明する。「これは『So Tough』以来、私たちが作った最初のサンプルをベースとしたアルバムで、ドリーミーな夏の終わりのアルバム」とSarahは語り、「僕らはサンプルを深く掘り下げた。コンセプトと、それに対する僕たちそれぞれの解釈が、非常に特別なサウンドのアルバムを作り上げた」とPeteは加える。
●Saint Etienneは1990年にロンドンで結成されたインディ・ポップ/ダンス・バンドで、メンバーはPete Wiggs(Key)、Sarah Cracknell(Vo)、Bob Stanley(Key)の三人。1991年にデビュー・アルバム『Foxbase Alpha』をリリース。セカンド・アルバム『So Tough』(1993年)、サード・アルバム『Tiger Bay』(1994年)とUKトップ10ヒットを続け、人気を確固たるものとする。2017年には目下の最新作『Home Counties』をリリース。UKトップ40ヒットを記録している。




スポンサーサイト



2021-08-13 : Saint Etienne :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム