fc2ブログ

■THE KVB | ロンドンをベースとするシューゲイザー/コールド・ウェイヴのデュオ、The KVBの新作が完成。アンディ・サヴァース(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ブラック・カントリー・ニュー・ロード他)のプロデュースによる7枚目のアルバム『ユニティ』、リリース。



2021.12.2 ON SALE

ロンドンをベースとするシューゲイザー/コールド・ウェイヴのデュオ、The KVBの新作が完成。アンディ・サヴァース(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ブラック・カントリー・ニュー・ロード他)のプロデュースによる7枚目のアルバム『ユニティ』、リリース。


■アーティスト:THE KVB(THE KVB)
■タイトル:UNITY(ユニティ)
■品番:INV259CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Sunrise Over Concrete
2. Unité
3. Unbound
4. Future
5. Blind
6. Ideal Living
7. World Of Fire
8. Structural Index
9. Lumens
10. Omni

The KVB - Unité


The KVB - World On Fire


コールド・ウェイヴのデュオ、The KVBはこれまでで最も強力なレコード、『Unity』と共に戻ってくる。Andy Savours(Black Country New Road、My Bloody Valentine、The Horrors)のプロデュースによるこのアルバムは、バンドのエキサイティングな進化を明らかに示す。収録される10曲にわたり、輝くギター、織り成されたシンセ、ムーディーなサウンド等、自らのトレードマークとなるコンポーネントを巧みにまとめ上げ、The KVBは新たなダイナミズムを伴ってダークなメロディを鳴らす。アルバム全体を通し、歌詞はダブル・ミーニングを持ち、そこには手先の早業が存在する。Le Corbousierのブルータリズム建築「Unité d’habitation」は、タイトル・トラック「Unité」のインスピレーションとなり、フランス語から英語に訳され、アルバムのタイトルは『Unity』となった。「Unbound」は、SlowdiveやRideのようなクラシックなシューゲイザー・スタイルだけではなく、近代詩人のKeston Sutherlandと、過去に失われた特別な瞬間を再現するというアイデア含んでいる。




スポンサーサイト



2021-10-22 : Invada Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム