fc2ブログ

■IDLES | アイドルズ、11月6日(土)発売の『ロッキング・オン』(12月号)に最新インタヴューが掲載。ニュー・アルバム『CRAWLER(クローラー)』、2021年11月12日リリース。




総力特集 THE BEATLES “LET IT BE”
映画『ゲット・バック』と幻の完全版リリースで遂にすべてが蘇った『レット・イット・ビー』

ビートルズ最後のオリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』。リリースから50年以上を経た今、本作に新たな光が当てられている。映画『ザ・ビートルズ:Get Back』に関するポール・マッカートニーの証言も交えた決定的ドキュメント、松村雄策寄稿「追憶の『レット・イット・ビー』と『ドント・レット・ミー・ダウン』」、そして10月にリリースされた『レット・イット・ビー』スペシャル・エディション完全レビューの3本立てで送る、世界で最も有名なラスト・アルバムのすべてを捉えた必読の全28ページ

MÅNESKIN
新曲も絶好調! 世界的ロック・アイコンの道を爆進するマネスキン。その王座戴冠までカウントダウン中、彼らが振り返る友情の始まりと“マネスキン”が出来るまで

THE ROLLING STONES
チャーリー・ワッツへの想いとツアー再開への覚悟を語った最新メンバー・インタビュー! そして熱狂的ファン集結のライブ・レポート from セントルイス!

QUEEN
フレディの死と向き合い、つかみ取った揺るぎない確信を語り明かした最新インタビュー。ブライアン・メイは今、奇跡を紡ぎ続けるバンドの物語をどう振り返るのか?

RADIOHEAD
『キッドAムニージア』のリリースで2021年に蘇る、『キッドA』と『アムニージアック』。そのすべてを再び解明する

STING
ポップ・ロックの巨星が5年ぶりに放つ新作『ザ・ブリッジ』――ポリスの呪縛から完全に解放された孤高の天才は「今こそ楽観主義が必要!」と説く。その真意とは?

OASIS
映画『オアシス:ネブワース1996』が空前の大ヒット! 伝説のネブワース公演の当事者、ノエル・ギャラガーがライブの衝撃と裏側を語った超貴重インタビューを復刻掲載!

DAMON ALBARN
7年半ぶりのセカンド・ソロ・アルバム――それは、デーモン・アルバーンの新たな覚醒。2021年、アイスランドでの充実した創作活動について語る

DREAM THEATER
プログレッシブ・メタルの絶対覇者:ドリーム・シアター、異次元のサウンドスケープへ誘う新作『ア・ヴュー・フロム・ザ・トップ・オブ・ザ・ワールド』リリース! ジョン・ペトルーシがその総てを語る!

気になるあいつ COMING NEXT:GIRL IN RED
ブレイクが期待される注目のアーティストに迫る新企画始動! 今月はノルウェーの新星:ガール・イン・レッドを徹底解剖

DAVE GAHAN & SOULSAVERS
エレポップのパイオニア:デペッシュ・モード、デイヴ・ガーンが時代を超えた名曲たちを再構築したカバー作『インポスター』の全貌を語り尽くす!

COLDPLAY
BTSとの驚きのコラボなど、異次元の進化を遂げたコールドプレイ――『スター・ウォーズ』にインスパイアされた新作『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』を完全解説!

SNAIL MAIL
新作『ヴァレンタイン』インタビュー。Z世代SSWは、あくまでも淡々と、自然体のまま時代を乗り超えていく

ALBUM REVIEWS
注目度が高まるアイドルズの新作に、コールドプレイ、デーモン・アルバーン、スティングらビッグ・ネームの力作も見逃せない! 深まる秋のお供に最高のラインナップでお送りします!

NIRVANA
『ネヴァーマインド』30周年記念エディション、リリース――ロックを変えたモンスター・アルバムの超大スケール・アップで、ニルヴァーナの極点が浮き彫りに!

IDLES
ブリストルの5人組ロック・バンド:アイドルズ、早くも新作リリース! “ポスト・パンクのその先”を追い求め、これまで以上に自分をさらけ出した4t hアルバム誕生秘話を訊いた


[CHARACTER OF THE MONTH]
RED HOT CHILI PEPPERS

[HEADLINE]
NOAH YORKE, JACK WHITE, BRUCE SPRINGSTEEN, JUSTIN BIEBER, MITSKI, NEIL YOUNG

ロッキング・オン12月号 11月6日(土)発売
定価800円(税込み880円)



2021.11.12 ON SALE[世界同時発売]

全英1位を獲得した前作から1年、英ブリストルのポストパンク・バンド、アイドルズの新作が完成。ケニー・ビーツ(ヴィンス・ステイプルズ、スロウタイ、フレディ・ギブス)とバンドのギタリスト、マーク・マーク・ボーウェンの共同プロデュースによる4枚目のアルバム『クローラー』、リリース。


■アーティスト:IDLES(アイドルズ)
■タイトル:CRAWLER(クローラー)
■品番:PTKF3014-2J[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,500+税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付
■収録曲目:
1. MTT 420 RR
2. The Wheel
3. When the Lights Come On
4. Car Crash
5. The New Sensation
6. Stockholm Syndrome
7. The Beachland Ballroom
8. Crawl!
9. Meds
10. Kelechi
11. Progress
12. Wizz
13. King Snake
14. The End

IDLES - THE BEACHLAND BALLROOM (Official Video, Pt. 2)


IDLES - THE BEACHLAND BALLROOM (Official Video, Pt. 1)


●IDLESは2021年11月12日、Partisan Recordsより4枚目のアルバム『CRAWLER』をリリースすることをアナウンスした。これはUKチャート1位を記録した2020年の『Ultra Mono』に続く作品となる。収録される14曲は英バースにある著名なスタジオ、Real WorldでCOVID-19のパンデミックの中、レコーディングされた。Kenny Beats(Vince Staples、Slowthai、Freddie Gibbs)とバンドのギタリスト、Mark Bowenによる共同プロデュース作となる。IDLESは、これまでで最も魂を掻き立てるサウンドを持つ『CRAWLER』で、トラウマ、依存症、回復の鮮やかな物語を活性させる。「The Wheel」の歪んだグラムロック、「Wizz」の冒頭の30秒のグラインドコア、「The New Sensation」でのベースとドラムのグルーヴ等、ここにはこの秋、満員のコンサート会場で絶対的な騒乱を引き起こす瞬間が沢山存在する。一方、バンドをスリリングな新しい領域に連れてゆく新鮮なテクスチャや実験もある。「Stockholm Syndrome」や「Progress」がその顕著な例で、これらは、これまでのIDLESにはない心と体の両方を落ち着かせるマントラである。
●IDLESは英ブリストルで結成されたのポストパンク・バンドだ。メンバーはJoe Talbot(vocals)、Adam Devonshire(bass)、Mark Bowen(guitars)、Lee Kiernan(guitars)、Jon Beavis(drums)の5人で、2017年にデビュー・アルバム『Brutalism』をリリース。アルバムは高い評価を獲得し、バンドはThe MaccabeesやFoo Fightersのサポートもおこなった。2018年にはセカンド・アルバム『Joy As An Act Of Resistance』をリリース。アルバムはUKチャートの5位を記録し、主要なメディアの大半はアルバムを同年の年間ベスト・アルバムの上位に選出。アイヴァー・ノヴェロ・アワードでベスト・アルバムを獲得し、マーキュリー・プライズにもノミネートされた。また、バンドはブリット・アワードのブレイクスルー・アーティストにもノミネートされた。2020年にはサード・アルバム『Ultra Mono』をリリース。アルバムはUKチャートの1位を獲得した。



スポンサーサイト



2021-11-02 : IDLES :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム