fc2ブログ

■EZRA COLLECTIVE | UKのジャズ・シーンをリードするバンド、エズラ・コレクティヴがニュー・シングル「May The Funk Be With You」をリリース。



Ezra Collective - May The Funk Be With You (Official Visualiser)


Ezra Collectiveは新たなスペース・ファンク・ジャム「May The Funk Be With You」をリリースする。「ロックダウンの中、スタジオでジャム・セッションをする機会を得たのは幸運だった。」とバンドリーダーのFimi Koleosoは振り返る。 「テーマも準備も計画もなく、ただ有機的にファンクが起こるように、即興と自発性は常にEzra Collectiveの一部であり、『May The Funk Be With You』はそれを完璧に体現している」とバンドリーダーのFimi Koleosoは語る。この自由なジャズの楽曲は、2021年12月にリリースされたNovelistとのコラボレーション・シングル「More Than A Hustler」に続くもので、バンドにとっては1年以上ぶりの新曲となる。Ezra Collectiveは、わずか48時間で完売したBBC 6 Musicフェスティヴァルへの出演に加え、4月にはパリとロンドンで小規模なウォームアップ公演を行う。これは、昨年夏に開催されたフェスティヴァル、We Out Hereでの衝撃的なヘッドライン・パフォーマンス以来のものとなる。こうしたシングルやライヴは、これからEzra Collectiveにとって大きな数ヶ月が始まることを意味している。彼らはスタジオに戻り、これまでで最も強力で完成度の高いレコーディングをおこなっている。また、事実上のスーパーグループであるこのバンドは、Ezra Collectiveとしての活動以外でも多忙を極める。ドラマーでバンドリーダーのFemi Koleosoは今やGorillazのラインナップに欠かせない存在だ。ベースのTJ KoleosoはYazmin Laceyと共演。キーボードのJoe Armon-JonesはMick Jenkinのニュー・アルバムに参加。Nubya Garciaとツアーをおこない、FatimaとのコラボレーションEPをリリースする予定である。サックスのJames MollisonはNala Sinephroのバンドでプレイし、トランペットのIfe OgunjobiはBurna Boyと共に、ソールドアウトのスタジアムでプレイしている。

【Ezra Collective/エズラ・コレクティヴ】
Ezra CollectiveはUKのジャズ・シーンをリードするバンドだ。メンバーはドラムのFemi Koleoso、ベースのTJ Koleoso、キーボードのJoe Armon-Jones、サックスのJames Mollison、トランペットのIfe Ogunjobiの5人。イギリスの音楽教育機関、トゥモローズ・ウォリアーズで出会ったことにより、活動がスタートした。2枚のEPをリリース後、2019年にデビュー・アルバム『You Can't Steal My Joy』をリリース。高い評価を博した。




スポンサーサイト



2022-03-02 : Ezra Collective :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム