fc2ブログ

■SHARON VAN ETTEN | シャロン・ヴァン・エッテン、「Mistakes」のライヴ映像を公開。ニュー・アルバム『WE’VE BEEN GOING ABOUT THIS ALL WRONG(ウィーヴ・ビーン・ゴーイング・アバウト・ディス・オール・ロング)』、発売中。



Sharon Van Etten - Mistakes (Live at Union Pool)







2022.5.6 ON SALE[世界同時発売]

シャロン・ヴァン・エッテン、3年振りとなる6枚目のアルバムが完成。私たちを惨状から救い出す美と力を明確に表現したセルフ・プロデュース作『ウィーヴ・ビーン・ゴーイング・アバウト・ディス・オール・ロング』、リリース。


■アーティスト:SHARON VAN ETTEN(シャロン・ヴァン・エッテン)
■タイトル:WE’VE BEEN GOING ABOUT THIS ALL WRONG(ウィーヴ・ビーン・ゴーイング・アバウト・ディス・オール・ロング)
■品番:JAG395JCD[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,500+税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Darkness Fades
2. Home to Me
3. I’ll Try
4. Anything
5. Born
6. Headspace
7. Come Back
8. Darkish
9. Mistakes
10. Far Away

WBGATAW (Trailer)


●Sharon Van Ettenは、常に人々が周囲の世界を理解する手助けをするアーティストだ。彼女の6枚目のアルバム『We've Been Going About This All Wrong』は、世界が崩壊するかもしれないと思ったとき、私たちはどのように感じ、嘆き、自らの意思を取り戻せるのかについて考察したものだ。私たちにとって最も大切なものを、私たちの手に負えない破壊的な力からどのように守ればよいのだろうか? すべてが失われたように見えるとき、私たちはどのようにして価値あるものを救い出すのであろうか? そして、もしそれができなかった場合、私たちはその間、できる限りの愛情を注いできたのだろうか? 十分に努力したのだろうか? このアルバムでは、私たちをこうした惨状から救い出すことのできる美と力が明確に表現されている。母性、愛、恐怖、コントロールできること/できないこと、多くのトラウマに悩まされる世界で人間であることの意味、といったテーマが、パーソナルに描かれている。Van Ettenのこれまでのアルバムとは異なり、リリース前にアルバムからの楽曲が発表されることはない。収録されている10曲は、希望、喪失、憧れ、回復力といったより大きな物語を語れるよう、順番に、一気に聴けるようにデザインされている。「物事は暗くない。薄暗いだけだ」と、彼女は私たちに思い起こさせる。
●Sharon Van Ettenは米ニュージャージー出身のシンガーソングライターだ。2009年にアルバム『Because I Was in Love』でデビュー。2010年のセカンド・アルバム『Epic』に収録の「Love More」がBon IverやThe Nationalにカヴァーされ話題となった。Jagjaguwarと契約後、2012年にサード・アルバム『Tramp』をリリース。The NationalのAaron Dessnerのプロデュースによるこのアルバムは米チャートにランクインするなどヒットを記録。2014年の4枚目のアルバム『Are We There』は大絶賛され、Rolling Stone他、数々のメディアで同年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれた。2019年1月にはJohn Congletonのプロデュースによる5枚目のアルバム『Remind Me Tomorrow』をリリース。Pitchforkでベスト・ニュー・ミュージックに選ばれる等、こちらも高い評価を獲得。また2016年には女優デビューを果たし大きな話題となった。




スポンサーサイト



2022-06-14 : Sharon Van Etten :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム