fc2ブログ

■AMANDA SHIRES | 米テキサス出身のシンガーソングライター/フィドル・プレイヤー、アマンダ・シャイアス。ローレンス・ロスマン(エンジェル・オルセン、ガール・イン・レッド、コートニー・ラヴ)のプロデュースによる7枚目のアルバムをリリース。ゲスト:ジェイソン・イズベル、マレン・モリス、ナタリー・ヘンビー、ブリトニー・スペンサー。



2022.10.5 ON SALE

米テキサス出身のシンガーソングライター/フィドル・プレイヤー、アマンダ・シャイアス。ローレンス・ロスマン(エンジェル・オルセン、ガール・イン・レッド、コートニー・ラヴ)のプロデュースによる7枚目のアルバムをリリース。
●ゲスト:ジェイソン・イズベル、マレン・モリス、ナタリー・ヘンビー、ブリトニー・スペンサー


■アーティスト:AMANDA SHIRES(アマンダ・シャイアス)
■タイトル:TAKE IT LIKE A MAN(テイク・イット・ライク・ア・マン)
■品番:ATO0607CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Hawk For The Dove
2. Take It Like A Man
3. Empty Cups
4. Don't Be Alarmed
5. Fault Lines
6. Here He Comes
7. Bad Behavior
8 .Stupid Love
9. Lonely At Night
10. Everything Has Its Time

Amanda Shiresのニュー・アルバム『Take It Like A Man』は、エモーショナルな10曲を収録した大胆な告白のアルバムで、シンガーソングライター/プロデューサー、Lawrence Rothman(Angel Olsen、Girl in Red、Courtney Love)がプロデュースを担当。「ただただ魅了された。彼女は新しいDolly Parton、そう、新しい世代のDollyだと思った」と、初めてAmandaの歌を聴いた時の事をLawrenceは語る。Amandaは、このアルバムでリセットボタンを押し、7枚目ではなく、デビュー・アルバムのように感じられるような作品を作り上げた。ロックダウン中に書かれ、レコーディングされた『Take It Like A Man』では、数曲でJason Isbellがギターを担当。Maren Morris、Natalie Hemby、Brittney Spencerがゲスト・ボーカルとして参加した。これは、Amandaが激動の時代に、女性として、夫であるJason Isbellの妻として、そして母親として、自らの人生について書いたドキュメンタリーで、冷酷なまでに率直な曲の数々が収録されている。




スポンサーサイト



2022-08-10 : ATO Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム