fc2ブログ

■DRUGDEALER | LAのサイケデリック・シーンで活動するマイケル・コリンズによるプロジェクト、ドラッグディーラー。70年代のローレル・キャニオンのサウンドを想起させるクラシックなモダン・ポップ鳴らす彼らが、3年半振り、自身3枚目となるアルバム『ハイディング・イン・プレイン・サイト』をメキシカン・サマーよりリリース。



2022.11.9 ON SALE

LAのサイケデリック・シーンで活動するマイケル・コリンズによるプロジェクト、ドラッグディーラー。70年代のローレル・キャニオンのサウンドを想起させるクラシックなモダン・ポップ鳴らす彼らが、3年半振り、自身3枚目となるアルバム『ハイディング・イン・プレイン・サイト』をメキシカン・サマーよりリリース。


■アーティスト:DRUGDEALER(ドラッグディーラー)
■タイトル:HIDING IN PLAIN SIGHT(ハイディング・イン・プレイン・サイト)
■品番:未定 ※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Madison
2. Baby (ft. Tim Presley)
3. Someone to Love
4. Pictures of You (ft. Kate Bollinger)
5. New Fascination
6. Valentine
7. To Live and Drive in LA
8. Hard Dreaming Man
9. Posse Cut (ft. Bambina, Sedona, Sean Nicholas Savage)

Drugdealer - Someone to Love (Official Video)


Michael Collinsによるプロジェクト、Drugdealerは、Mexican Summerよりニュー・アルバム『Hiding In Plain Sight』をリリースする。3年半振り、自身3枚目となる当作には、自身の声に不満を持ち、不安を抱えていたCollinsが、周囲の人々に愛を見いだし、それを歌う声を手に入れるまでの軌跡を凝縮。Tim Presley(White Fence)、Kate Bollinger、Bambina、Sasha Winn、Sean Nicholas Savage、Video Age、John Carroll Kirby等をゲストとしてフィーチャーしている。様々なプロジェクトで活動していたMichael Collinsは、Harry NilssonやSteely Danといったソフト・ロックのパイオニアの影響下、初期70年代のシンガーソングライター的なサウンドを追求する為、Drugdealerをスタート。2016年には、Weyes BloodやAriel Pinkがゲストとして参加したデビュー・アルバム『The End Of Comedy』を、Domino傘下のWeird Worldよりリリース。2019年4月には、同じくWeyes BloodやLemon Twigsがゲストとして参加したセカンド・アルバム『Raw Honey』をMexican Summerよりリリースした。




スポンサーサイト



2022-09-12 : Kemado Media Group :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム