fc2ブログ

■THE NIGHTINGALES | ロバート・ロイド率いる英バーミンガムのポストパンク・レジェンド・バンド、ナイチンゲールズ。彼らが1986年にリリースしたアルバム『イン・ザ・グッド・オールド・カントリー・ウェイ』が、ボーナス・トラックを追加してリイシュー。



2022.12.28 ON SALE

ロバート・ロイド率いる英バーミンガムのポストパンク・レジェンド・バンド、ナイチンゲールズ。彼らが1986年にリリースしたアルバム『イン・ザ・グッド・オールド・カントリー・ウェイ』が、ボーナス・トラックを追加してリイシュー。


■アーティスト:THE NIGHTINGALES(ナイチンゲールズ)
■タイトル:IN THE GOOD OLD COUNTRY WAY(イン・ザ・グッド・オールド・カントリー・ウェイ)
■品番:VOID008CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価: ¥2,400 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Headache Collector
2. Down In The Dumps
3. Leave It Out
4. Comfort And Joy
5. Coincidence
6. I Spit In Your Gravy
7. Square Circle
8. Part Time Moral England
9. How To Age
10. No Can Do
11. It's A Cracker
12. Here We Go Now
13. What A Carry On
14. Carry On Carrying On
15. Comfort And Joy (ep version)
16. First My Job
17. Let's Surf
18. Crafty Fag (live)
19. Down In The Dumps (version 2)
20. At The End Of The Day

『In the Good Old Country Way』はThe NightingalesがVindalooからリリースした唯一のアルバムで、ポストパンク期の中でも最も過小評価された作品だ。反サッチャー的で絶望的な雰囲気を持ち、制作中に実験と考察のための時間が与えられていたことを感じさせる。Maria Smithのバイオリンが曲の中に入り込み、Pete Jenner(Ba)とRon Collins(Dr)のリズム・セクションがバラバラになりそうなところを支え、Robert Lloyd(Vo)とスポットライトを共有しているのは、マルチインストゥルメンタリスト/アレンジャーのPete Byrchmoreだ。このリイシューは、1985年の7インチシングル「It's A Cracker」と12インチEP『What A Carry On』に加え、未発売のレア・トラックが追加収録されている。




スポンサーサイト



2022-10-28 : Fire Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム