fc2ブログ

■SHAME | イギリスのポスト・パンク・シーンをリードするサウスロンドンの5人組、シェイム。英トップ10ヒットを記録した前作から2年、サード・アルバム『フード・フォー・ワームス』、リリース。プロデュース:フラッド(U2、PJ ハーヴェイ、フォールズ他)。



2023.2.24 ON SALE[世界同時発売]

イギリスのポスト・パンク・シーンをリードするサウスロンドンの5人組、シェイム。英トップ10ヒットを記録した前作から2年、サード・アルバム『フード・フォー・ワームス』、リリース。
●プロデュース:フラッド(U2、PJ ハーヴェイ、フォールズ他)


■アーティスト:SHAME(シェイム)
■タイトル:FOOD FOR WORMS(フード・フォー・ワームス)
■品番:DOC324JCD[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,500 +税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、初回盤のみボーナス・トラックのダウンロード・カード封入
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Fingers Of Steel
2. Six-Pack
3. Yankees
4. Alibis
5. Adderall
6. Orchid
7. The Fall Of Paul
8. Burning By Design
9. Different Person
10. All The People
※初回盤のみボーナス・トラックのダウンロード・カード封入

shame - Fingers of Steel (Official Video)


●shameは、2023年2月24日にDead Oceansから3枚目のアルバム『Food for Worms』をリリースする。高い評価を博すアーティスト、Marcel Dzamaがデザインしたカヴァー・アートに反映されているように、『Food for Worms』でshameは、新たな超現実的な風景に入っていく。ここでは、私たちが生きている茶番的で幻想的な日常や、何もかもが可能/不可能な社会の表面下にある、語られずに残っているものが示唆される。これは、バンドが初めて、内面を掘り下げるのではなく、自分たちを取り巻く世界を捉えようとしたことを意味する。パンデミック後、バンドをやっていてまず最初に好きになったことを思い出し、彼らはアルバムの制作に取りかかった。『Food for Worms』は、彼らがそれまでに作ったどの作品よりも早く、その生命を吹き込まれた。バンドは、ヨーロッパ中のフェスティバルでプレイしながらレコーディングを行い、新曲が受けたリアクションの強さに活力を得た。shameが持つライブのエネルギーは、まるで、彼らが本領を発揮する恥部を目撃するようなもので、瓶の中の稲妻のように、このレコードに完璧に取り込まれている。バンドは、著名なプロデューサー、Flood(Nick Cave、U2、PJ Harvey、Foals)に彼らのヴィジョンの実行を依頼した。各トラックをライブでレコーディングすることは、ある種の降伏を意味する。ここでは、ラフなエッジがアルバムに質感を与え、ミスは完璧であるよりも興味深いものとなる。ある意味、アルバムはタイトル(蛆の餌食となる)そのものであり、バンドが弱さを受け入れ、そうすることで新たな勇気の源に触れていることを示唆している。
●ShameはIDLESやFontaines D.C.と共に注目を浴びる英サウスロンドンのポストパンク・バンドだ。メンバーはCharlie Steen(Vo)、Sean Coyle-Smith(G)、Eddie Green(G)、Josh Finerty(B)、Charlie Forbes(Dr)の5人。バンドは、UKのアンダーグラウンド・ミュージックの状況を一変させるシーンの先陣を切り、まもなく登場するアーティストへの道を切り開いた。2018年、デビュー・アルバム『Songs of Praise』をリリース。アルバムはNME他、数多くのメディアから高い評価を獲得し、UKトップ40ヒットを記録。Rough Tradeの年間ベスト・アルバムの1位にも輝き、翌2019年には、フジロックフェスティバルにも出演した。2021年には、セカンド・アルバム『Drunk Tank Pink』をリリース。南ロンドンの小さなパブのステージから引き抜かれ、一躍有名になって以来、バンドは初めて、その反対側の自分たちに直面することになり、現実と、自分たちの会社で起こる恐怖に耐えることを強いられたこの時代が、アルバムを形成する源となった。『Drunk Tank Pink』は英チャートの8位を記録した。



スポンサーサイト



2022-11-16 : Shame :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム