fc2ブログ

■BRIA | カナダはトロントをベースに活動する二人のマルチインストゥルメンタリスト、ブリア・サルメナとダンカン・ヘイ・ジェニングスによるバンド、ブリア。2021年のVOL. 1に続き、カントリーのカヴァーEP『カントリー・カヴァーズVOL. 2』をサブ・ポップよりリリース。



2023.3.2 ON SALE

カナダはトロントをベースに活動する二人のマルチインストゥルメンタリスト、ブリア・サルメナとダンカン・ヘイ・ジェニングスによるバンド、ブリア。2021年のVOL. 1に続き、カントリーのカヴァーEP『カントリー・カヴァーズVOL. 2』をサブ・ポップよりリリース。


■アーティスト:BRIA(ブリア)
■タイトル:CUNTRY COVERS VOL. 2(カントリー・カヴァーズVOL. 2)
■品番:SP1523CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Where Have All the Cowboys Gone?
2. When You Know Why You’re Happy
3. Don’t Come Home A-Drinkin’ (With Lovin’ on Your Mind)
4. By The Time I Get to Phoenix
5. I Dream A Highway
6. See You Later, I’m Gone

Bria - Where Have All The Cowboys Gone? (Official Video)


『Cuntry Covers Vol. 1』は、そのタイトル通り、親しみやすくセクシーな作品で、続編が常に求められてきた。Bria Salmenaの陰鬱なヴォーカルに導かれた『Cuntry Covers Vol. 2』は、前作と同様に強力な作品である。ノワール風のオルタナティブ・カントリー・ロックは、ポストパンクのリヴァイヴァリスト、FRIGSのリーダーとしての威厳ある表現とは鋭いコントラストを成している。2021年にデビューしたこのプロジェクト、Briaで、彼女はマルチ・インストゥルメンタリストのDuncan Hay Jenningsと巧みにコラボレーションし、厳選されたアメリカーナのアンセムを再構築している。Vol.2では、その限界をさらに押し広げ、Gillian Welch、Paula Cole、Mary Margaret O'Hara、Robert Lester Folsom、Glenn Campbell、Loretta Lynnの楽曲をカヴァー。この6曲を通して驚くべき輝きを放っている。




スポンサーサイト



2022-11-17 : Sub Pop :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム