fc2ブログ

■DAVIS CAUSEY | マーヴィン・ゲイ、ジェリー・バトラー、ジャッキー・ウィルソン、デレク・トラックス等と共演してきたアセンズのギタリスト/ソングライター、デイヴィス・コージー。ストローリング・ボーンズ・レコードから2枚目となるアルバム『ニュー・シングス・フロム・オールド・ストリングス』をリリース。



2023.2.2 ON SALE

マーヴィン・ゲイ、ジェリー・バトラー、ジャッキー・ウィルソン、デレク・トラックス等と共演してきたアセンズのギタリスト/ソングライター、デイヴィス・コージー。ストローリング・ボーンズ・レコードから2枚目となるアルバム『ニュー・シングス・フロム・オールド・ストリングス』をリリース。


■アーティスト:DAVIS CAUSEY(デイヴィス・コージー)
■タイトル:NEW THINGS FROM OLD STRINGS(ニュー・シングス・フロム・オールド・ストリングス)
■品番:CD-STB-7J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,700 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Nothin’ Much
2. Circadian Swing (Pt.2)
3. Time Out Of Mind
4. Got Bach?
5. Thanks M’Nelle
6. Dreamtime
7. Mr. Tuesday
8. Slide On Brother
9. Blue Spring
10. Single Malt
11. Late At Night
12. Rio Maya
13. Lari’s Lullaby
14. Oh Kay

「Marvin Gaye、Jerry Butler、Jackie Wilson、Derek Trucks、Waylon Jennings、Kris Kristofferson等、多くのアーティストと共演してきたアセンズのDavis Causeyの60年にわたるキャリアは、10歳の素人がウクレレを弾くことから始まった。彼の音楽の旅の次の行程は、Strolling Bones Recordsからの2枚目のアルバムとなる。音楽を愛し、作ることに捧げたDavisの生涯の集大成である『New Things From Old Strings』には、旧友のRandall BramblettとChuck Leavellも参加。また、Duane Allmanの1961年製ギブソン・レスポール(SG)もレコーディングに使用されている。「パンデミックを乗り切るための音楽療法として始まったが、すぐにそれ以上のものになった。ほとんどの曲はコード進行から始まり、他のミュージシャンの助けを借りてそこから発展していった。収録曲は、私が影響を受けた多くのものを反映し、Chet Atkins、Johnny Smith、Duane Allman、Mark Knopfler、Martin Taylor他、多くのミュージシャンに影響を受けている」とDavisは語る。




スポンサーサイト



2022-12-07 : New West Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム