fc2ブログ

■NELL SMITH & THE FLAMING LIPS | わずか14歳のミュージシャン、ネル・スミスとザ・フレーミング・リップスによるニック・ケイヴのカヴァー・アルバム。



2022.12.28 ON SALE

わずか14歳のミュージシャン、ネル・スミスとザ・フレーミング・リップスによるニック・ケイヴのカヴァー・アルバム。


■アーティスト:NELL SMITH & THE FLAMING LIPS(ネル・スミス&ザ・フレーミング・リップス)
■タイトル:WHERE THE VIADUCT LOOMS(ホェア・ザ・ヴァイアダクト・ルームス)
■品番:BELLA1336CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Girl In Amber
2. Weeping Song
3. Into My Arms
4. Chrildren
5. The Kindness Of Strangers
6. No More Shall We Part
7. Red Right Hand
8. The Ship Song
9. We Know Who You Are

『Where the Viaduct Looms』はNick Caveのカヴァーを9曲収録したアルバムで、ヴォーカル/インストゥルメンテイションを14歳のNell Smith、インストゥルメンテイション/プロダクションをThe Flaming Lipsが担当。マスタリングはTarbox Road StudiosのDave Fridmannが行った。この感動的で心温まる物語は、イギリスはリーズ出身のSmithがカナダに移住し、12歳の時、家族と一緒に2018年にカルガリーのSled Island Festivalで行われたThe Flaming Lipsのヘッドライン・ショーで初めてWayne Coyneに会った時から始まる。SmithはすでにThe Flaming Lipsのライヴに何度か参加しており、オウムの着ぐるみを着てバンドの曲を絶叫しながら、ステージ前方にいる常連だった。Coyneはすぐにオウムの着ぐるみを着た子供に気づき始め、カルガリーでのライヴでDavid Bowieのカヴァーを直接彼女に歌ったところ、Smithはすべての言葉を歌い返した。Smithがギターを弾けるようになると、CoyneはSmithや彼女の父親のJudeと連絡を取り合うようになり、音楽的な絆が生まれ、Smithが自分の曲を書き始めると、彼らのクリエイティヴな関係も作られていった。当初、レコーディングはオクラホマで予定されていたが、コロナの為にキャンセル。代わりに、Coyne はSmithにNick Caveの曲をレコーディングして送り、バンドにプレイしてもらうよう提案した。「SmithはNick Caveを知らないので、歌い方について先入観を持たずにすむ」という理由で、CoyneはNick Caveを選んだ。




スポンサーサイト



2022-12-23 : Bella Union :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム