fc2ブログ

■FOYER RED | デビューEPが話題となったブルックリンのアート・ロック・バンド、フォイアー・レッド。ジョナサン・シェンケ(ドギー・プール、パーケイ・コーツ)のプロデュースによるデビュー・アルバム『ヤーン・ジ・アワーズ・アウェイ』、カーパーク・レコードよりリリース。



2023.5.24 ON SALE

デビューEPが話題となったブルックリンのアート・ロック・バンド、フォイアー・レッド。ジョナサン・シェンケ(ドギー・プール、パーケイ・コーツ)のプロデュースによるデビュー・アルバム『ヤーン・ジ・アワーズ・アウェイ』、カーパーク・レコードよりリリース。


■アーティスト:FOYER RED(フォイアー・レッド)
■タイトル:YARN THE HOURS AWAY(ヤーン・ジ・アワーズ・アウェイ)
■品番:CAK166CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他はつきません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Plumbers Unite!
2. Unwaxed Flavored Floss
3. Wetland Walk
4. A Barnyard Bop
5. Etc
6. Gorgeous
7. Blue Jazz
8. Pocket
9. Oh, David
10. Time Slips
11. Big Paws
12. Toy Wagon

Foyer Redは、甘いが鋭利な楽曲を作り、思いもよらないところへ飛び込んでいく。このグループの強力なアート・ロックは、共同探求の精神を体現しており、無限にあるように見えるアイデアの供給が、バンドのメンバー間の活発な音楽的会話の一部として蓄積され、衝突している。結果、デビュー・アルバム『Yarn the Hours Away』では、バンドの揺るぎない絆と明らかな化学反応が証明される。バンドは、シンガー/クラリネットのElana Riordan、ドラマーのMarco Ocampo、シンガー/ギタリストのMitch Myersのトリオでしてスタート。2021年にデビューEP『Zigzag Wombat』をリリースし、Pitchfork等から高く評価された。その後、EPの成功にもかかわらず、Foyer Redは5人組として再出発。シンガー/ギタリストのKristina MooreとベーシストのEric Jasoを加えた。プロデューサーのJonathan Schenke(Dougie Poole、Parquet Courts)とブルックリンのスタジオ、Figure8でレコーディングされた『Yarn The Hours Away』は、Foyer Redの次のステップとして、高い評価を博したEPでの約束を果たす作品へと仕上がった。




スポンサーサイト



2023-03-09 : Carpark Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム