fc2ブログ

■KEATON HENSON | ロンドンを拠点とする孤高のフォーク・ロック・ミュージシャン、キートン・ヘンソン、7枚目のアルバムが完成。名声を積極的に追い求める自身の別ヴァージョン通して描いたポップ・レコード『ハウス・パーティー』、リリース。



2023.6.14 ON SALE 

ロンドンを拠点とする孤高のフォーク・ロック・ミュージシャン、キートン・ヘンソン、7枚目のアルバムが完成。名声を積極的に追い求める自身の別ヴァージョン通して描いたポップ・レコード『ハウス・パーティー』、リリース。


■アーティスト:KEATON HENSON(キートン・ヘンソン)
■タイトル:HOUSE PARTY(ハウス・パーティー)
■品番:PIASR1325CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他はつきません。
■定価:¥2,400 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. I’m Not There
2. Rain In My Favourite House
3. Envy
4. I’ll Meet You There
5. Two Bad Teeth
6. Stay With Me
7. I Left It Late
8. Best Waste of Time
9. Holiday
10. The Mine
11. Hooray
12. Hide Those Feelings

2023年、私たちの物語は、Keaton Hensonが名声に飢えたピンクのスーツを着たポップ・スターで、どんな犠牲を払っても有名人の地位と栄光を追い求めようと切望するパラレルワールドから始まる。この、誘惑、憧れ、アイデンティティ、絶望の教訓的な物語は、6月に[PIAS]からリリースされるKeatonの7枚目のアルバム『House Party』によって実現される。Keatonは、2010年のデビュー作『Dear...』以来、6枚のスタジオ・アルバムを通じて、不安、分離、精神疾患、喪失感を探求していることで最もよく知られている。批評家たちからは絶賛され、熱狂的なカルト・ファンも存在するが、彼は常に謎めいた空気に包まれており、今まではインタヴューやソーシャルメディアをほぼ避けてきた。しかし、『House Party』で、Keatonは名声を積極的に追い求めた自分の別ヴァージョンを登場させることにした。「鬱病とパフォーマーであることについて、アップビートで自信に満ちたポップ・レコードを作りたかった。成功の名の下に長いキャリアを経て自分を空洞化してしまったアーティスト、つまり、トップに登りつめたことで空虚で孤独になってしまったが、その感情を、ポップ・ソングで表現するしかない自らの別世界ヴァージョンの視点から書いた」とKeatonは語る。




スポンサーサイト



2023-04-11 : Play It Again Sam :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム