fc2ブログ

■ARLO PARKS | アーロ・パークス、5月26日発売のセカンド・アルバム『MY SOFT MACHINE(マイ・ソフト・マシーン)』より、ポール・エプワース(アデル、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、リアーナ)のプロデュースによるサード・シングル、「Blades(ブレイズ)」をリリース。また、同曲のビデオも公開。アルバムの発売を前に、既に東京公演はソールド・アウト。7月、来日公演決定。



Arlo Parks - Blades (Official Video)


グラミー賞2部門にノミネートされ、マーキュリー・プライズとブリット・アワードを受賞したArlo Parksは、5月26日にリリースされるセカンド・アルバム『My Soft Machine』より、ニュー・シングル「Blades」を公開した。Paul Epworth(Adele、Florence and the Machine、Rihanna)のプロデュースによるこの曲は、聴く者を躍動させるニューディスコ調のループ、シンセ、サウンドスケープで構成されており、Arloが「マジック・ウィーク」と呼ぶ、5日間でアルバムのための3曲を作った時に書かれたものだ。「Paulは魔法使いのような人で、私がずっと好きだった子供のような精神を持っていて、それを『Blades』にもたらしてくれた。自分の曲にはそういうものがないように感じていたので、最終的には踊れるようなものを作りたかった」とArloは語る。友情の崩壊に立ち向かい、それを再構築する勇気を見つけようとすることについて書かれたこの曲について、「パーティーで、しばらく会っていなかった人を部屋の向こうで見かけた時、自分自身が離れていくのを感じる。そして、『離れるべきか、離れないべきか?』と考える瞬間を想像する」とArloは説明する。最終的には、勇気を出して相手に近づく。これが、この曲のストーリーとなる。

★Arlo Parks、来日公演決定。アルバムの発売を前に、既に東京公演はソールド・アウト。

悲しみ、喜び、葛藤、驚きと感性…
アーロが綴るポエティックな言葉とメロディが世界にそっと寄り添う…。
5月にリリースされる待望の最新アルバムと共に
7月東京と大阪でジャパン・ツアー開催決定!

東京 7月5日(水) 恵比寿ガーデンホール
大阪 7月6日(木) 梅田クラブクアトロ


企画・制作・招聘:イベンティムライブ・アジア www.eventimliveasia.com/クリエイティブマン www.creativeman.co.jp

ARLO_MSMTour2023_1x1 JAPAN_square

【プロフィール – ARLO PARKS – アーロ・パークス】 
Arlo Parksは2021年1月、デビュー・アルバム『Collapsed in Sunbeams』をリリース。ブリット・アワード「最優秀新人賞」、マーキュリー・プライズ、BBC「Introducing Artist Of The Year」を獲得し、グラミー賞でも「最優秀新人賞」と「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」にノミネート。アルバムは全英チャートでトップ3に入り、AIMアワードの「ベスト・インディペンデント・アルバム」と「UKインディペンデント・ブレイクスルー」を受賞。ほぼ全ての「2021年のベスト・アルバム」リストに含まれ、多くのメディアが絶賛。そのソングライティングはBillie Eilish、Florence Welch、Michelle Obama、Angel Olsen、Phoebe Bridgers、Massive Attack、Zadie Smith等、ミュージシャン、作家、著名人から幅広く支持されている。
*Official Site:https://www.arloparksofficial.com/
*Label Site:http://bignothing.net/arloparks.html





2023.5.26 ON SALE[世界同時発売]

グラミー賞2部門にノミネートされ、マーキュリー・プライズとブリット・アワードを受賞。大絶賛されたデビュー・アルバムから2年4ヶ月、アーロ・パークスの新作『マイ・ソフト・マシーン』が完成。

「素晴らしい詩人」-フィービー・ブリジャーズ
「アーロが大好き」-ビリー・アイリッシュ
「心を奪われている」-フローレンス・ウェルチ



■アーティスト:ARLO PARKS(アーロ・パークス)
■タイトル:MY SOFT MACHINE(マイ・ソフト・マシーン)
■品番:TRANS700CDJ[CD]
■定価:¥2,500 +税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録(予定)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Bruiseless
2. Impurities
3. Devotion
4. Blades
5. Purple Phase
6. Weightless
7. Pegasus ft. Phoebe Bridgers
8. Dog Rose
9. Puppy
10. I'm Sorry
11. Room (red wings)
12. Ghost
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録(予定)

Arlo Parks - Weightless (Official Video)


●グラミー賞2部門にノミネートされ、マーキュリー・プライズとブリット・アワードを受賞したアーティスト、Arlo Parksが、5月26日にTransgressive Recordsからセカンド・アルバム『My Soft Machine』をリリースする。『My Soft Machine』は、Parksの20代での経験と成長を綴った非常にパーソナルな作品だ。「トラウマ、生い立ち、脆弱性等、私たちが経験した最大の出来事は、まるで雪のように世界や私たちの視界に散りばめられている。このレコードは、私のレンズや体を通して、20代半ばの不安、周囲の友人の薬物乱用、初めての恋、PTSD/悲しみ/自己破壊/喜びの取り扱い、驚きと感性で世界を駆け巡ること等、この特別な体内に閉じ込められている人生を描いたも。Joanna Hoggの映画『The Souvenir』という映画から引用します。この映画は、A24の半自伝的映画で、Tilda Swintonが出演。若い映画を学ぶ学生が年上のカリスマ的な男性と恋に落ち、彼の中毒に引き込まれていく様子を描いている。初期のシーンで彼は、『僕らは演じられる人生を見たいのではない。この柔らかい機械(soft machine)の中で経験する人生を見たいんだ』と説明する。ここから、アルバムのタイトルは『My Soft Machine』となった」(Arlo Parks)
●『My Soft Machine』は、第64回グラミー賞の主要4部門を含む2部門(Best New Artist、Best Alternative Music Album)にノミネートされ、ブリット・アワードのBest New Artist、マーキュリー・プライズ、BBCの Introducing Artist Of The Year Awardを受賞したArlo Parksのデビュー・アルバム『Collapsed in Sunbeams』に続く作品だ。『Collapsed in Sunbeams』は全英アルバム・チャートの3位を記録し、AIMインディペンデント・ミュージック・アワードのBest Independent AlbumとUK Independent Breakthroughを受賞。さらに、BETアワードのBest New International Actにもノミネートされ、Parks自身も、ユニセフの史上最年少サポーターに選ばれ、イギリスのメンタルヘルス・チャリティであるCALMのアンバサダーも務めるに至った(Parksは、2023年まで両チャリティーの活動を幅広く続ける予定)。昨年獲得した輝かしい賞と共に、Arloのデビュー・アルバムは、ほぼすべての「2021年度年間ベスト・アルバム」リストに含まれ、The Guardian、Rolling Stone、NME、The FADERなど多くのメディアから絶賛を浴びた。また、デビュー・アルバムからのシングルをイギリスのLater...With Jools HollandとThe Graham Norton Showで披露。Jimmy Kimmel、Jimmy Fallon、James Corden、CBS This Morning: Saturday、Ellen DeGeneresといったアメリカの番組でもパフォームした。日本でも、フジロックフェスティバル '22のレッドマーキーのトリを務め(入場規制)、シングルはJ-WAVE TOKIO HOT 100等のチャートを上昇。ファッション誌『GINZA』の表紙も飾った。Arloのソングライティングは、Billie Eilish、Florence Welch、Michelle Obama、Angel Olsen、Phoebe Bridgers、Massive Attackや、著名な作家、Zadie Smith等、多くの新しいファンを獲得している。




スポンサーサイト



2023-04-20 : Arlo Parks :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム