fc2ブログ

■DEER TICK | ロードアイランド州プロビデンス出身のオルタナティヴ・ロック・バンド、ディア・ティック。ATO移籍第一弾、2017年以来となる新作『エモーショナル・コントラクツ』、リリース。プロデュース:デイヴ・フリッドマン(ザ・フレーミング・リップス、スプーン、スリーター・キニー)。



2023.6.21 ON SALE

ロードアイランド州プロビデンス出身のオルタナティヴ・ロック・バンド、ディア・ティック。ATO移籍第一弾、2017年以来となる新作『エモーショナル・コントラクツ』、リリース。
●プロデュース:デイヴ・フリッドマン(ザ・フレーミング・リップス、スプーン、スリーター・キニー)


■アーティスト:DEER TICK(ディア・ティック)
■タイトル:EMOTIONAL CONTRACTS(エモーショナル・コントラクツ)
■品番:ATO0642CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付きで解説他は付きません。
■定価:¥2,500 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. If I Try To Leave
2. Forgiving Ties
3. Grey Matter
4. If She Could Only See Me Now
5. Running From Love
6. Once In A Lifetime
7. Disgrace
8. My Ship
9. A Light Can Go Out In The Heart
10. The Real Thing

Deer Tickの2017年以来の新作『Emotional Contracts』は、これまでで最も協力的な作品で、4人のメンバー全員がソングライターとして力を最大限に発揮している。アルバムは、時間の経過とともに生じる実存的な課題を探求し、20年近くかけて磨かれたバンドのトレードマークである野生のスピリットが、各曲に吹き込まれている。プロデューサーのDave Fridmann(The Flaming Lips、Spoon、Sleater-Kinney)とコラボレートする前に、プロビデンスを拠点とする4人組は、地元にある浸水が続く倉庫で何ヶ月もかけてデモを制作。壊れた暖房設備や隙間のある屋根穴を乗り越え、情熱的に雄弁に語る10曲を作り上げた。『Emotional Contracts』は、その制作時の気迫に満ちたエネルギーを体現し、本質を失うことなく優雅に年を重ねることを痛烈に、かつ爽快に描いている。アルバムでは、Steve Berlin(Los Lobos)等のゲストをフィーチャー。また、Courtney Marie Andrews、Vanessa Carlton、Kam Franklin、Angela Miller、Sheree Smithがバック・ヴォーカルで参加している。




スポンサーサイト



2023-05-03 : ATO Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム