fc2ブログ

■SAM BURTON | ロサンゼルスを拠点に活動するシンガー、サム・バートンの新作が完成。名門パルチザン・レコードからは初となるアルバム『デア・ディパーテッド』、リリース。プロデュース:ジョナサン・ウィルソン(エンジェル・オルセン、ファーザー・ジョン・ミスティ、マーゴ・プライス)



2023.7.19 ON SALE

ロサンゼルスを拠点に活動するシンガー、サム・バートンの新作が完成。名門パルチザン・レコードからは初となるアルバム『デア・ディパーテッド』、リリース。
●プロデュース:ジョナサン・ウィルソン(エンジェル・オルセン、ファーザー・ジョン・ミスティ、マーゴ・プライス)


■アーティスト:SAM BURTON(サム・バートン)
■タイトル:DEAR DEPARTED(デア・ディパーテッド)
■品番:PTKF3031-2J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他はつきません。
■定価:¥2,400 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Pale Blue Night
2. I Don’t Blame You
3. Long Way Around
4. Coming Down On Me
5. Empty Handed
6. Maria
7. I Go To Sleep
8. Looking Back Again
9. My Love
10. A Place To Stay

Sam Burton - Long Way Around (Official Lyric Video)


ロサンゼルスを拠点に活動するシンガーSam Burtonは、2023年7月にPartisan Records(IDLES、Fontaines DC、Beth Orton、Fela Kuti)より、同レーベルからは初となるアルバム『Dear Departed』をリリースする。Burtonとって、『Dear Departed』は再生の時期に生まれた。ここ数年、彼はリセットした。ロサンゼルスで築いた生活を一時的に捨て、生まれ育ったユタ州に住み、再び引っ越し、今は、北カリフォルニアの田舎の農場にある小屋に身を寄せている。Samはこの作品を、痛みと喪失感に苦しめられている時のものと述べ、多くの時間を自分自身に別れを告げるために費やしている、と語る。『Dear Departed』は、Jonathan Wilson(Angel Olsen、Father John Misty、Margo Price)のトパンガ・キャニオンのスタジオで、LAでも最高のスタジオ・プレイヤーたちとレコーディングされた。プロダクションからプレイ、Burtonの核となる作曲に至るまで、収録される10曲には時代を超越するものが存在する。BurtonはWilsonと共に、レトロなパスティーシュに陥ることなく、むしろ過去の夢を呼び起こすようなエコーとなるサウンドを実現した。それは、Samと彼のバンドが、遠い昔の煙の充満したバーの隅のステージに、ぎゅうぎゅう詰めにされているかのようだ。Burtonは、現代のCampbell、Orbison、Nilssonを彷彿とさせるこのアルバムで、ローレル・キャニオンの純金を採掘する本来の才能を披露している。




スポンサーサイト



2023-05-09 : Partisan Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム