fc2ブログ

■BLONDSHELL | ブロンドシェル、Samia(サミア)の「Charm You」をカヴァー。デビュー・アルバム『BLONDSHELL(ブロンドシェル)』、大好評発売中。



Samia - Charm You (Blondshell Version)


Blondshell、Samiaの「Charm You」をカヴァー(2023年初めにGrand JuryからリリースされたSamiaのセカンド・アルバム『Honey』の楽曲を様々なアーティストが再解釈した、「Honey Reimagined」と名付けられたシングル・リリース企画の第1弾)。デビュー・アルバム『BLONDSHELL(ブロンドシェル)』、大好評発売中。

「彼女は別の時代を呼び起こすだけでなく、それを再発明している」- Rolling Stone’s Best Albums of 2023 (So Far)
「2020年代で最も興味深い新進気鋭のソングライターの1人であることを、たった1枚のアルバムでSabrina Teitelbaumは証明している」- Consequence’s Top 30 Songs of 2023 (So Far)
「彼女のヘヴィーなギターは、ノスタルジアのちょうど良い音を鳴らす。そして、彼女の告白的で痛烈な歌詞は、しっかりと今を保っている」- NYLON’s Favorite Albums of 2023 (So Far)
「これまでで最も印象的な2023年のデビュー作」- LA Times







2023.4.12 ON SALE
2023.4.7 ON SALE

Uproxx、Alternative Press、NYLON、Consequence、Clash、NMEで「2023 Artist To Watch」に選出。

ニューヨーク出身のシンガーソングライター、ブロンドシェルことサブリナ・タイテルバウム。セルフタイトルのデビュー・アルバムを名門、パルチザン・レコードよりリリース。

「曲の中盤あたりで『Kiss City』は裂け、そびえ立つロック・ソングとなる。そして、Teitelbaumに、心をこめて同じセリフを叫ぶスペースを与える」- The New York Times
「『Kiss City』はゆっくりと始まり、そして爆発する。それが終わると、再び始まるのが待ちきれなくなる」- Rolling Stone
「Blondshellは愛、セックス、中毒といった重いテーマを歌っているが、その切ない歌詞をかすかな微笑みをもって伝えている」-Pigeons & Planes



■アーティスト:BLONDSHELL(ブロンドシェル)
■タイトル:BLONDSHELL(ブロンドシェル)
■品番:PTKF3033-2J[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,400 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Veronica Mars
2. Kiss City
3. Olympus
4. Salad
5. Sepsis
6. Sober Together
7. Joiner
8. Tarmac
9. Dangerous

Blondshell - Joiner (Official Music Video)


Blondshellこと Sabrina Teitelbaumは、セルフタイトルのデビュー・アルバムをPartisan Records(IDLES、Beth Orton、Fontaines D.C.)から2023年4月にリリースする。ここ数年で、25歳のTeitelbaumは何も恐れないソングライターへと変貌を遂げた。Teitelbaumは2022年にBlondshellをスタートし、シングル「Olympus」、「Kiss City」、「Veronica Mars」、そして「Sepsis」(Rolling Stone誌の「Recommends」で月間1位)で評論家やファンの注目を集めた。 ニューヨークで生まれ育ったTeitelbaumは、2015年に音楽学校に通う為、ロサンゼルスに移住。USCのポップ・プログラムに入学し、LordeやLana Del Reyといったポップ・レガシーに浸った。こうしたポップスが彼女に与えたものは、そこに自分の居場所がないことをはっきりと自覚させることだった。彼女の音楽はますます生々しく激しくなり、簡単には分類することができなくなった。そして、彼女は期待せずに書くことを自分に許し。リリースすることなど考えず、自分のためだけに曲を書き始めた。Blondshellの一音一音には、そんな正直な思いが込められている。世界急停止する中、彼女はギターを再開し、NirvanaやHoleといった 90年代のオルタナティヴ・ロックを再訪。また、Patti Smith、Rebecca Solnit、Rachel Cusk、Clare Sestanovichの文章に没頭し、忍耐と許可を得ることができた。




スポンサーサイト



2023-06-22 : Blondshell :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム