fc2ブログ

■THE VIEW | ザ・ヴュー、8月18日に発売される6枚目のアルバム『EXORCISM OF YOUTH(エクソシスム・オブ・ユース)』より、ニュー・シングル「Woman of the Year」をリリース。ビデオも公開。



The View - Woman of the Year (Official Music Video)


8月18日に待望のニュー・アルバム『Exorcism of Youth』をリリースするThe Viewが、ニュー・シングル「Woman of the Year」を発表した。バンドは最近リリースした「Feels Like」や「Shovel In His Hands」でファンとのつながりを復活させ、Radio 2のJo WhileyのサポートやAmazing RadioのTrack of the Weekなど、主要なオンエアを獲得している。ほとばしるような勢いを持つ「Woman of the Year」は、The Viewの名を世に知らしめた荒々しくも抑えがたいメロディックな魅力に、新たに洗練されたエッジを重ねた曲だ。そして、生意気でパンキッシュなインディー・ポップの下には、Kyle Falconerが初期の頃には書かなかったであろう歌詞が存在する(誰かの愛が人生を価値あるものにしてくれるだけでなく、自分自身の欠点をナビゲートしてくれるほど献身的であることに目覚め、気づく瞬間)。

「誰だって落ち込むことはあると思うし、この曲はその両端での葛藤を表している。男性、子供、同僚、友人等を助けてくれる全ての女性に感謝のメッセージを伝えたかった。特に、彼女たちが過小評価されていると感じているときにね。彼女たちが毎日、文句も言わずにやっていることを見ていると・・・。様々な事をマルチタスクでこなす、いわずと知れたヒーローのような仕事だ。それは、僕がしばし畏敬の念を抱くものだ」とKyleは語る。






2023.6.9 ON SALE[世界同時発売]
2023.8.11 ON SALE[世界同時発売]
2023.8.18 ON SALE[世界同時発売]

スコットランドのインディ・ロック・バンド、ザ・ヴュー、8年振りの新作が完成。ユース(ザ・ヴァーヴ、ジーザス&メリー・チェイン、ザ・シャーラタンズ)のプロデュースによる6枚目のアルバム『エクソシスム・オブ・ユース』、リリース。


■アーティスト:THE VIEW(ザ・ヴュー)
■タイトル:EXORCISM OF YOUTH(エクソシスム・オブ・ユース)
■品番:OTCD-6865[CD]
■定価:¥2,500 +税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録(予定)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Exorcism of Youth
2. Feels Like
3. The Wonder of It All
4. Arctic Sun
5. Shovel In His Hands
6. Allergic To Mornings
7. Black Mirror
8. Neon Nights
9. Dixie
10. Woman of the Year
11. Footprints in the Sand
12. Tangled
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録(予定)

The View - Feels Like (Official Audio)


●昨年、5年ぶりにThe Viewが再結成されたとき、旧友である3人は、自分たちのパフォーマンスに対する観客の反応を見るときの興奮、一緒にいることの仲間意識、シンプルなジャムのアイデアが楽曲に発展していくこと等、自分たちがどれほどバンド活動を懐かしんでいるかを実感した。グラスゴーのO2 Academyで行われたカムバック・ギグでは、1万枚のチケットは全て前売りで完売。ファンの反応は圧倒的で、ステージには旧友である俳優、Martin Compstonも登場した。このライヴでのリハーサルで、彼らはバンドを始めた時のように、新しい曲のアイデアが浮かんできた。こうして、バンドのフロントマン、Kyle FalconerとメンバーのKieran Webster(B/V)、Pete Reilly(G)はスコットランドの自宅を出発し、スペインのグラダナでグラミー・ウィナーのプロデューサー、Youth(The Verve、Jesus & Mary Chain、The Charlatans)とレコーディングを行った。The Viewの2015年以来となる6枚目のアルバム『Exorcism of Youth』は、2023年6月9日2023年8月11日2023年8月18日にリリースされる。
●2007年、The Viewのデビュー・アルバム『Hats Off To Buskers』は、UKチャートの1位を獲得し、プラチナディスクとなった。マーキュリー・プライズにノミネートされ、NMEはバンドをThe StoogesやThe Libertinesと比較。高い評価を獲得した。また、シングル・チャートで3位となったインディ・クラシック「Same Jeans」、トップ20ヒットの「Wasted Little DJs」と「Superstar Tradesman」等、シングル・ヒットも産み出した。その後にリリースされた4枚のアルバムのうち、『Which Bitch?』(2009年)と『Cheeky For A Reason』(2012年)もUKトップ10ヒットを記録。2015年の『Ropewalk』はThe StrokesのAlbert Hammond Jr.がプロデュースを手掛けた。




スポンサーサイト



2023-06-30 : The View :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム