fc2ブログ

■ANNA OF THE NORTH | 北欧ノルウェーを拠点に活動するSSW、アナ・オブ・ザ・ノース。来日公演のサポートアクトとして柴田聡子の出演が決定!



北欧ノルウェーを拠点に活動するSSW、アナ・オブ・ザ・ノース
来日公演のサポートアクトとして柴田聡子の出演が決定!


今年9月に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催されるアナ・オブ・ザ・ノースの来日公演に
独特な声と言語感覚で注目を集めるSSW、柴田聡子が
サポートアクトとしてバンドセットで出演することが決定いたしました。
公演のチケットは現在先行販売中です。この機会をお見逃しなく!

Anna of the north_公演概要(Support Act_0720)

▼アーティスト
アナ・オブ・ザ・ノース(Anna Of The North)
Support act: 柴田聡子 (BAND SET)

▼日時・会場
2023年9月25日(月) 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
開場 18:00 開演 19:00
※柴田聡子は開場中(18:30〜)の出演を予定しておりますので予めご了承ください。
※Anna of The Northは19:00以降の出演予定です。

▼チケット料金(税込)
スタンディング:6,800円
※要別途1ドリンク代
※未就学児(6歳未満)入場不可

▼公演ホームページ
>>> https://www.livenation.co.jp/artist-anna-of-the-north-818847






2022.11.4 ON SALE

iPad ProのCM曲「ドリーム・ガール」が大ヒット。ありふれた風景の中に潜んでいたポップ・スター、アナ・オブ・ザ・ノースがサード・アルバム『クレイジー・ライフ』をデジタル・リリース。


■アーティスト:ANNA OF THE NORTH(アナ・オブ・ザ・ノース)
■タイトル:CRAZY LIFE(クレイジー・ライフ)
■品番:デジタル
■定価:デジタル
■収録曲目:
1. Bird Sing
2. I Do You
3. Nobody
4. Listen
5. Living Life Right
6. Red Light
7. No Good
8. Dandelion
9. Meteorite
10. 60 Seconds
11. Let Go

Anna of the North- Nobody (Official Video)


●Anna of the Northは3枚目のスタジオ・アルバム『Crazy Life』を、Play It Again Samからリリースする。待望の11曲が収録されたこのアルバムは、ノルウェーのアーティストの長年にわたる旅の内幕を映し出す、エレクトリックな作品へと仕上がった。彼女は『Crazy Life』を通して、リスナーを彼女の世界に誘い、それがどのように行われるかを正確に示すことによって、自らが持つ弱さを労る能力以上のものを発揮する。Anna of the Northは、ありふれた日常の中にある虹色の光を発見し、告白的で親しみやすい歌詞を、透明感と自信、そして煌めきを持って表現しているのだ。アルバムには「Meteorite」(Gus Dappertonとのコラボレーション曲)、「Dandelion」 、「Bird Sing」、「Nobody」といったシングル曲が収録される。
●Anna of the Northのステージ・ネームで知られるAnna Lotterud(アナ・ロッテルード)はノルウェーのオスロをベースに活動するシンガーソングライターだ。オーストラリアのメルボルンで学生をしていた頃、ニュージーランド人のプロデューサー、Brady Daniell-Smithと音楽活動を開始。2014年にはデビュー・シングル「Sway」をリリース。The Chainsmokersがオフィシャルにリミックスを手掛ける等、注目を浴び、続くシングルも次々とヒットを記録した。2017年にはデビュー・アルバム『Lovers』をリリース。また、Tyler, the Creatorのシングル「Boredom」と「911 / Mr. Lonely」(両曲ともアルバム『Flower Boy』に収録)でヴォーカルとしてフィーチャーされ、Rejjiie Snowの「HONNE」へも参加。Anderson Paakとプレイする等、他のアーテイストと活動も行い話題となった。2019年10月にはセカンド・アルバム『Dream Girl』をリリースした。




スポンサーサイト



2023-07-20 : Anna Of The North :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム