fc2ブログ

■SUFJAN STEVENS | スフィアン・スティーヴンス、10月6日発売のニュー・アルバム『JAVELIN(ジャヴェリン)』より、サード・シングル「A Running Start(ア・ランニング・スタート)」を公開。



Sufjan Stevens - "A Running Start" (Official Lyric Video)


今週金曜日、Sufjan Stevensは待望のニュー・アルバム『Javelin』をリリースするが、本日、アルバム・リリース前の最後のシングル「A Running Start」と、アルバムに付属するアートとエッセイからなる48ページのブックレットを初公開する。

The New York Times曰く、Javelinに収録されている10曲は、「フォーキーに始まるが、そのままでいることはほとんどなく、膨らみやうねりを持つ」。それはStevensのキネティックなアコースティック・ギターで始まる「A Running Start」ではっきりとわかる。Hannah Cohen、Megan Lui、Nedelle Torrisiのヴォーカルを除いて、この曲で聴かれるすべての音はStevens自身が演奏している。

全てがStevensによりクリエイトされたアルバムに付属する48ページのアートとエッセイ集には、綿密なコラージュ、カットアップされたカタログ・ファンタジー、パフペイントのワード・クラウド、反復するカラー・フィールドなどが含まれている。10篇の短いエッセイは、彼を形成してきた愛と喪失、ひいてはこれらの曲を垣間見せてくれる。アート作品の一足早いプレビューはDocument Journal(https://www.documentjournal.com/2023/10/sufjan-stevens-javelin-new-album-release-music-carrie-and-lowell/)、Stevensのエッセイの一部はAnOther Magazine(https://www.anothermag.com/design-living/15147/sufjan-stevens-new-album-2023-javelin-book-essays)で見ることが出来る。また、ブックレットの全容はこちら(https://javelin.sufjan.com)で見ることができる。






2023.10.6 ON SALE[世界同時発売]

今世紀で最も魅力的なソングライターの1人、スフィアン・スティーヴンスの新作が完成。生涯の感情が織り込まれた傷と希望の情景『ジャヴェリン』、リリース。


■アーティスト:SUFJAN STEVENS(スフィアン・スティーヴンス)
■タイトル:JAVELIN(ジャヴェリン)
■品番:AKR171JCD[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,500 +税
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、48Pアート・エッセイ集付(エッセイ訳付)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Goodbye Evergreen
2. A Running Start
3. Will Anybody Ever Love Me?
4. Everything That Rises
5. Genuflecting Ghost
6. My Red Little Fox
7. So You Are Tired
8. Javelin (To Have And To Hold)
9. Shit Talk
10. There’s A World

Sufjan Stevens - "So You Are Tired" (Official Lyric Video)


●Asthmatic Kittyは、10月6日にSufjan Stevensのニュー・アルバム『Javelin』をリリースする。『Javelin』は、2020年の『The Ascension』に続くヴォーカル入りのソロ・アルバムで、2015年の『Carrie & Lowell』以来となる完全なシンガー・ソングライター・モードでの作品だ。アルバム全体、また、収録される1曲1曲の中にまでも、Stevens の25年のキャリアが完全に詰まっており、彼のこれまでの全てのアプローチの架け橋となる傑作だ。『Javelin』は、時折、大所帯でのアルバム制作のような雰囲気を持っているが、それは明らかに違う。確かに、70年代のロサンゼルスのスタジオの豪華さが感じられるところもあるが、ここにあるほとんど全てのサウンドは、Stevensが1人で自宅において作り上げたものだ。また、adrienne maree brown、Hannah Cohen、Pauline Delassus、Megan Lui、Nedelle Torrisiといった親しい友人たちが多くの曲でハーモニーを奏で、Bryce Dessnerは「Shit Talk」でアコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを弾いている。もちろん、Neil Youngが優しく神秘的なアルバムのクローズ「There's A World」を書いた。The New York Timesが「絶望の叫びと救済への祈り」と絶賛した『The Ascension』では、華麗でありながら切迫したエレクトロニクスを駆使して、Stevensはその瞬間を整えた。対して『Javelin』は、セルフポートレートのように始まり、細部まで描かれていながらもプレインである。これは、Stevensにとって最も親密な作品であり、『Seven Swans』や『Carrie & Lowell』を思い起こさせる。『Javelin』の曲はどれも小さく始まる。ポツポツとしたアコースティック・ギターの音、蓋をしたピアノのパタパタという音、滝のようなキラキラしたアルペジオ。これらの小さな音は、『Javelin』におけるSufjan Stevensの告白の呼びかけであり、親友に送る招待状だ。そしてもちろん、今世紀最も魅力的なソングライターの1人であるSufjanのキャリアを貫く、ソフトでありながら力強い魅力的な歌声が、そこには存在する。その声は、まるでこれから分かち合おうとしている傷と希望の情景そのものが、何十年にもわたりSufjanに刺激をあたえてきたかのようだ。『Javelin』では、音楽的な広がりと感情的な広がりが対になっており、この42分間だけでなく、1曲の中にも一生分の感情が織り込まれている。Sufjanのエモーショナルな世界観は『Javelin』の隅々にまで浸透しており、アルバムに付属している48ページのアート・エッセイ集は圧巻である。綿密なコラージュ、カットアップされたカタログ・ファンタジー、パフペイントされたワード・クラウド、反復するカラー・フィールドの数々により、Sufjanは一見カオスに見えるものから秩序を構築し、その逆もまた然りである。その中ほどには、面白かったり、悲劇的だったり、痛ましかったり、鈍感だったり、明確だったりする、Stevensによる10編の短いエッセイが収められている。そこから、彼自身、ひいてはこれらの楽曲を形成してきた愛と喪失を垣間見ることができる。『Javelin』では、あなたが最もよく知るSufjanが戻ってきた。Sufjanは、私たちが自分自身をより完全に見ることができるよう、苦悩しながらも美しい彼自身をこの作品で垣間見せてくれるのだ。

JAVELIN CREDITS:
All songs by SUFJAN STEVENS ©2023 Sufjan Stevens Music/ASCAP
Except “There’s a World“ by NEIL YOUNG ©1972 Silver Fiddle Music, Hipgnosis Side A

SUFJAN STEVENS: performs everything except—

ADRIENNE MAREE BROWN: additional vocals on “Will Anybody Ever Love Me?“ “Everything That Rises“ “Genuflecting Ghost“ “My Red Little Fox“ “So You Are Tired“ and “Javelin (To Have And To Hold)“
NEDELLE TORRISI: additional vocals on “A Running Start“
PAULINE DELASSUS: additional vocals on “Shit Talk“
BRYCE DESSNER: additional acoustic and electric guitars on “Shit Talk“
MEGAN LUI and HANNAH COHEN: additional vocals on “Goodbye Evergreen“ “Will Anybody Ever Love Me?“ “Everything That Rises“ “My Red Little Fox“ “So You Are Tired“ “Javelin (To Have And To Hold)“ “Shit Talk“and “There’s A World“

This album was recorded, engineered, arranged, produced and mixed by SUFJAN STEVENS

Mastered by HEBA KADRY, NYC
Vinyl mastering by JOSH BONATI

All original artwork, photography, typography, layout and design by SUFJAN STEVENS

©2023 ASTHMATIC KITTY RECORDS

●Sufjan Stevensは1975年にデトロイトで生まれ、ミシガン州で育った。幼少期はDetroit Waldorf Schoolに通い、一時期はInterlochen Arts Academyで学ぶ。Hope Collegeで学士号を、ニューヨークのThe New Schoolで修士号を取得した。彼の最初の楽器はリコーダーで、Waldorf School在学中にプレイ。ピアノは独学である。自身の大半の作品は、セルフ・エンジニアリング、セルフ・プロデュース、セルフ・ミックス。ニューヨークへ移った当初は、グラフィックデザイナーとして長年プロとして働いていた為、多くのアルバムのデザイン、レイアウト、オリジナル・フォントも手掛けている。Sufjanの音楽カタログの大部分は、継父であるLowell Bramsが設立し、SufjanとLowellが共同経営するAsthmatic Kitty Recordsからリリースされている。Sufjanは、Childish Gambinoの「Firefly」という曲の中で言及され、Kendrick Lamarはアルバム『To Pimp A Butterfly』の収録曲「Hood Politics」で、アルバム『Carrie & Lowell』収録のSufjanの曲「All for Myself」をサンプリング。Snow Patrolの曲「Hands Open」では、Sufjanと彼の曲「Chicago」についての言及がる。また、The Rootsのアルバム『Undun』では、Sufjanがピアノで彼の曲「Redford」をプレイ。David Byrneは、絶賛された著書の中でSufjanのアルバム『The BQE』を引用している。

DISCOGRAPHY:
A Sun Came (1999)
Enjoy Your Rabbit (2001)
Michigan (2003)
Seven Swans (2004)
Illinois (2005) - Certified Gold USA
The Avalanche (2006)
The Age of Adz (2010)
Carrie & Lowell (2015) - Certified Gold UK
The Ascension (2020)
Convocations (2021) (five-volume collection)

COLLABORATIONS:
Planetarium (2017) with Bryce Dessner, Nico Muhly, and James McAlister
Call Me By Your Name:OST (2017) with Various Artists
The Decalogue (2019) with Timo Andres
Aporia (2020) with Lowell Brams
A Beginner's Mind (2021) with Angelo De Augustine
Reflections (2023) with Timo Andres and Conor Hanick




スポンサーサイト



2023-10-03 : Sufjan Stevens :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム