fc2ブログ

■BLONDSHELL | ブロンドシェル、好評発売中のアルバム『BLONDSHELL (DELUXE EDITION)』より、ニュー・シングル「It Wasn't Love」を公開。2024年2月、初来日公演決定。



Blondshell - It Wasn't Love (Official Audio)


Blondshell(Sabrina Teitelbaum)はセルフタイトルのデビュー・アルバムのデラックス・エディションをリリースした。『Blondshell Deluxe Edition』にはオリジナル・アルバムに加え、「Tarmac」をボサノヴァ風にアレンジした「Tarmac 2」、以前に単独でリリースされたシングル「Cartoon Earthquake」、「Kiss City」のホーム・デモ・ヴァージョン、新曲である「Street Rat」と「It Wasn't Love」の計5曲が追加されている。
「恋をしているつもりでも、実は憧れや自暴自棄、あるいは自分の価値に対する戸惑いを感じていただけだったことがたくさんある。アルバムで書いた恋愛の多くがそうだったと思う。私は、自分の中のもっと根本的な葛藤について話す為、愛とロマンスについて語った。この曲は、そうした過去の関係や、特にクィアな関係という文脈の中で、実際に愛と認められるものについての私の見方が変わった、ということを伝えるためのものだ」とSabrina Teitelbaumは「It Wasn’t Love」について語る。

「今年を代表するオルタナティヴ・ロック・アルバムのひとつで、長い間大切にしたい1枚」- NME
「素晴らしいデビュー作」- The Times
「オルタナティヴ・ロックのスター誕生」- The Guardian
「今年、Blondshellが大ブレイクする準備をしよう」- Rolling Stone
「ノイズに巻きこまれ、彼女は傷つきやすく、不完全で、大きな狂喜に満ちている」- Pitchfork
「若い女性が経験する、よりダークで、しばしば歌われない隅々まで、率直な情報を供給する」- New York Time
「Blondshellの大胆なデビュー作は、2023年の最高傑作のひとつだ」- NME (cover story)
「これまでで最も印象的な2023年のデビュー」- The Los Angeles Times
「彼女は別の時代を呼び起こすだけでなく、それを再発明している」- Rolling Stone’s Best Albums of 2023 (So Far)
「2020年代で最も興味深い新進気鋭のソングライターの1人であることを、たった1枚のアルバムでSabrina Teitelbaumは証明している」- Consequence’s Top 30 Songs of 2023 (So Far)
「彼女のヘヴィーなギターは、ノスタルジアのちょうど良い音を鳴らす。そして、彼女の告白的で痛烈な歌詞は、しっかりと今を保っている」- NYLON’s Favorite Albums of 2023 (So Far)
「今年を代表するオルタナティヴ・ロック・アルバムのひとつで、長い間大切にしたい1枚」- NME
「素晴らしいデビュー作」- The Times
「オルタナティヴ・ロックのスター誕生」- The Guardian
「今年、Blondshellが大ブレイクする準備をしよう」- Rolling Stone
「ノイズに巻きこまれ、彼女は傷つきやすく、不完全で、大きな狂喜に満ちている」- Pitchfork
「若い女性が経験する、よりダークで、しばしば歌われない隅々まで、率直な情報を供給する」- New York Time
「Blondshellの大胆なデビュー作は、2023年の最高傑作のひとつだ」- NME (cover story)
「これまでで最も印象的な2023年のデビュー」- The Los Angeles Times
「彼女は別の時代を呼び起こすだけでなく、それを再発明している」- Rolling Stone’s Best Albums of 2023 (So Far)
「2020年代で最も興味深い新進気鋭のソングライターの1人であることを、たった1枚のアルバムでSabrina Teitelbaumは証明している」- Consequence’s Top 30 Songs of 2023 (So Far)
「彼女のヘヴィーなギターは、ノスタルジアのちょうど良い音を鳴らす。そして、彼女の告白的で痛烈な歌詞は、しっかりと今を保っている」- NYLON’s Favorite Albums of 2023 (So Far)

2023年年間ベスト・アルバム(So Far)
「Consequence」Song of the Year (So Far) 1位
「Rolling Stone」Best Albums of the Year (So Far)
「Rolling Stone」Best Songs of 2023 (So Far)
「Paste Magazine」25 Best Albums of 2023 (So Far)
「LA Times」40 Best Songs of 2023 (so far)
「i-D」Best Spring Albums of 2023
「Consequence」Top 30 Albums of 2023 (So Far)
「NYLON」Favorite Songs and Albums of 2023 (So Far)


★LAを拠点に活動中のBlondshellの初来日公演が決定!
セルフタイトルのデビュー・アルバムをPartisan Records(IDLES、Beth Orton、Fontaines D.C.)から2023年4月にリリース。
リリースと共に世界中のメディア、評論家などからも賞賛の嵐となったBlondshellのライブは必見!
JAPAN TOUR 2024
Blondshell

Blondshell公演詳細_FEB 2024_560
東京:2024/2/13 (Tue) WWW X
OPEN 18:30 START 19:30
お問い合わせ
SMASH:https://smash-jpn.com






2023.10.6 ON SALE[来日記念盤]

LAを拠点に活動中のシンガーソングライター、ブロンドシェルことサブリナ・タイテルバウム。
4月にリリースされ大絶賛された衝撃のデビュー・アルバムにボーナス・トラックのダウンロード・カードを封入したデラックス・エディションがリリース。
2024年2月、初来日公演決定。


■アーティスト:BLONDSHELL(ブロンドシェル)
■タイトル:BLONDSHELL (DELUXE EDITION)(ブロンドシェル(デラックス・エディション))
■品番:PTKF3033-8J[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,500 +税
■その他:解説付、ボーナス・トラックのダウンロード・カード封入
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Veronica Mars
2. Kiss City
3. Olympus
4. Salad
5. Sepsis
6. Sober Together
7. Joiner
8. Tarmac
9. Dangerous
10. It Wasn't Love*
11. Street Rat*
12. Cartoon Earthquake*
13. Kiss City (home demo)*
14. Tarmac 2*
*ボーナス・トラック(ダウンロード)

Blondshell - Street Rat (Official Music Video)


●Blondshellこと Sabrina Teitelbaumは、セルフタイトルのデビュー・アルバムをPartisan Records(IDLES、Beth Orton、Fontaines D.C.)から2023年4月にリリースする。ここ数年で、25歳のTeitelbaumは何も恐れないソングライターへと変貌を遂げた。Teitelbaumは2022年にBlondshellをスタートし、シングル「Olympus」、「Kiss City」、「Veronica Mars」、そして「Sepsis」(Rolling Stone誌の「Recommends」で月間1位)で評論家やファンの注目を集めた。 ニューヨークで生まれ育ったTeitelbaumは、2015年に音楽学校に通う為、ロサンゼルスに移住。USCのポップ・プログラムに入学し、LordeやLana Del Reyといったポップ・レガシーに浸った。こうしたポップスが彼女に与えたものは、そこに自分の居場所がないことをはっきりと自覚させることだった。彼女の音楽はますます生々しく激しくなり、簡単には分類することができなくなった。そして、彼女は期待せずに書くことを自分に許し。リリースすることなど考えず、自分のためだけに曲を書き始めた。Blondshellの一音一音には、そんな正直な思いが込められている。世界急停止する中、彼女はギターを再開し、NirvanaやHoleといった 90年代のオルタナティヴ・ロックを再訪。また、Patti Smith、Rebecca Solnit、Rachel Cusk、Clare Sestanovichの文章に没頭し、忍耐と許可を得ることができた。
●2023年4月にリリースされたアルバムは大絶賛を獲得。「2023年の最高傑作」(NME)、「最も印象的な2023年のデビュー」(The Los Angeles Times)とメディアは作品を評した。2024年2月、初来日公演決定。

「今年を代表するオルタナティヴ・ロック・アルバムのひとつで、長い間大切にしたい1枚」- NME
「素晴らしいデビュー作」- The Times
「オルタナティヴ・ロックのスター誕生」- The Guardian
「今年、Blondshellが大ブレイクする準備をしよう」- Rolling Stone
「ノイズに巻きこまれ、彼女は傷つきやすく、不完全で、大きな狂喜に満ちている」- Pitchfork
「若い女性が経験する、よりダークで、しばしば歌われない隅々まで、率直な情報を供給する」- New York Time
「Blondshellの大胆なデビュー作は、2023年の最高傑作のひとつだ」- NME (cover story)
「これまでで最も印象的な2023年のデビュー」- The Los Angeles Times
「彼女は別の時代を呼び起こすだけでなく、それを再発明している」- Rolling Stone’s Best Albums of 2023 (So Far)
「2020年代で最も興味深い新進気鋭のソングライターの1人であることを、たった1枚のアルバムでSabrina Teitelbaumは証明している」- Consequence’s Top 30 Songs of 2023 (So Far)
「彼女のヘヴィーなギターは、ノスタルジアのちょうど良い音を鳴らす。そして、彼女の告白的で痛烈な歌詞は、しっかりと今を保っている」- NYLON’s Favorite Albums of 2023 (So Far)


2023年年間ベスト・アルバム(So Far)
「Consequence」Song of the Year (So Far) 1位
「Rolling Stone」Best Albums of the Year (So Far)
「Rolling Stone」Best Songs of 2023 (So Far)
「Paste Magazine」25 Best Albums of 2023 (So Far)
「LA Times」40 Best Songs of 2023 (so far)
「i-D」Best Spring Albums of 2023
「Consequence」Top 30 Albums of 2023 (So Far)
「NYLON」Favorite Songs and Albums of 2023 (So Far)



★LAを拠点に活動中のBlondshellの初来日公演が決定!
セルフタイトルのデビュー・アルバムをPartisan Records(IDLES、Beth Orton、Fontaines D.C.)から2023年4月にリリース。
リリースと共に世界中のメディア、評論家などからも賞賛の嵐となったBlondshellのライブは必見!
JAPAN TOUR 2024
Blondshell

Blondshell公演詳細_FEB 2024_560
東京:2024/2/13 (Tue) WWW X
OPEN 18:30 START 19:30
お問い合わせ
SMASH:https://smash-jpn.com




スポンサーサイト



2023-10-12 : Blondshell :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム