fc2ブログ

■ORBITING HUMAN CIRCUS | ジュリアン・コスター(ニュートラル・ミルク・ホテル、ザ・ミュージック・テープス、エレファント6)のイマジネーションを進化させるカルテット、オービティング・ヒューマン・サーカス。11月22日発売のデビュー・アルバム『QUARTET PLUS TWO(カルテット・プラス・トゥー)』より、「How Long Has This Been Going On?」を公開。



Orbiting Human Circus - How Long Has This Been Going On? (Official Audio)







2023.11.22 ON SALE

ジュリアン・コスター(ニュートラル・ミルク・ホテル、ザ・ミュージック・テープス、エレファント6)のイマジネーションを進化させるカルテット、オービティング・ヒューマン・サーカス。デビュー・アルバム『カルテット・プラス・トゥー』をマージよりリリース。


■アーティスト:ORBITING HUMAN CIRCUS(オービティング・ヒューマン・サーカス)
■タイトル:QUARTET PLUS TWO(カルテット・プラス・トゥー)
■品番:MRG838JCD[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. I Cover the Waterfront (Johnny Green & Edward Heyman)
2. Maria (Jean Feline & Roger Antoine Lucchesi)
3. Into the River Thames
4. It’s So Peaceful in the Country (Alec Wilder)
5. Sea in 3
6. How Long Has This Been Going On? (George & Ira Gershwin)
7. If I Did, Would You? (Duke Jordan)
8. Let’s Face the Music (Irving Berlin)
9. Koliada
10. Maria Pt. 2 (Jean Feline & Roger Antoine Lucchesi)

Orbiting Human Circus - I Cover the Waterfront (Official Visualizer)


Orbiting Human Circusは、アルバム『Quartet Plus Two』を2023年11月にリリースする。このグループは、Julian Koster(Neutral Milk Hotel、The Music Tapes、Elephant 6)のイマジネーションを進化させ続けおり、当作は、彼らのデビュー・アルバムとなる。カルテットは、Koster、スタンダップ・ベース・プレイヤーのGauvain Gamon、ドラマーのKolja Gjoni、ピアニストのBenji Millerで構成される。Kosterは、ニューヨークのセントラル・パークを歩いていたとき、GamonとGjoniがGershwinとMingusをプレイしているのを偶然見つけ、そこにMillerが加わって、音楽的なパートナーシップが生まれた。また、アルバムには、Kosterの長年のコラボレーターであるThe Music TapesのRobbie Cucchairo(horns)とThomas Hughes(orchestral arranging / chimes)も参加している。彼らが一緒に作る音楽は、馴染み深くもあり、認識しがたいものでもある。そこには、新しい音楽の道を探求しながらも、紅葉や雪の匂いと同じくらい心地よいものが存在する。




スポンサーサイト



2023-10-19 : Merge Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム