fc2ブログ

■THE VASELINES | 当時のスコットランド・インディ・シーンを定義する存在で、カート・コバーン等、多くの人から賞賛されてきたバンド、ヴァセリンズ。彼らの初期音源を収録するコンピレーション盤がリマスター/リフレッシュされリリース。【リマスター盤】



2024.2.7 ON SALE

当時のスコットランド・インディ・シーンを定義する存在で、カート・コバーン等、多くの人から賞賛されてきたバンド、ヴァセリンズ。彼らの初期音源を収録するコンピレーション盤がリマスター/リフレッシュされリリース。【リマスター盤】


■アーティスト:THE VASELINES(ヴァセリンズ)
■タイトル:THE WAY OF THE VASELINES(ザ・ウェイ・オブ・ザ・ヴァセリンズ)
■品番:SP145CDJ[CD/国内流通仕様]SP145LPJ[2LP(カラー盤)/国内流通仕様]
■定価:¥2,600 +税[CD]¥7,700 +税[2LP(カラー盤)]
■その他:解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Son Of A Gun
2. Rory Rides Me Raw
3. You Think You're A Man
4. Dying For It
5. Molly's Lips
6. Teenage Superstars
7. Jesus Wants Me For A Sunbeam
8. Sex Sux (Amen)
9. Slushy
10. Monsterpussy
11. Bitch
12. No Hope
13. Oliver Twisted
14. The Day I Was A Horse
15. Dum-Dum
16. Hairy
17. Lovecraft
18. Dying For It (The Blues)
19. Let's Get Ugly

The Vaselinesは、ジャンルや国を超えて、ミュージシャンや音楽ファンから長い間賞賛されてきた。その中には、熱烈なファンであったKurt Cobainも含まれる。彼らは、80年代半ばに結成され、The PastelsのStephen McRobbieのレーベルからデビュー・シングルをリリース。当時のスコットランド・インディ・シーンの狡猾なウィットと抗いがたいポップ・フックを定義する存在となった。Sub Popからリリースされる『The Way of the Vaselines』のリマスター再発盤は、このスコットランドのバンドの短いキャリアをすでに知っている人にとっては、彼らの作品群をより深く掘り下げる機会となり、彼らの音楽を初めて聴く人にとっては、なぜ多くの人が彼らを高く評価するのかを肌で感じる機会となる。元々、カセットテープからマスタリング(その後、新世紀になってより良い機材でリマスタリング)されたこのアルバムは、バンドの2枚のEP(『Son of a Gun』と『Dying for It』)と唯一のLP『Dum-Dum』をコンパイルしたもので、1980年代から1990年代にかけての彼らの初期音源を収録する。1992年にCDのみでリリースされ、今回、初のヴァイナル化となる。

SP145_cover2560.jpg

SP145_cover3560.jpg




スポンサーサイト



2023-12-08 : Sub Pop :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム