fc2ブログ

■MICK MARS | LAのアイコンとして世界を制覇した伝説のギタリスト、ミック・マーズ(モトリー・クルー)。自身初のソロ・アルバム『ジ・アザーサイド・オブ・マーズ』をリリース。



2024.2.28 ON SALE

LAのアイコンとして世界を制覇した伝説のギタリスト、ミック・マーズ(モトリー・クルー)。自身初のソロ・アルバム『ジ・アザーサイド・オブ・マーズ』をリリース。


■アーティスト:MICK MARS(ミック・マーズ)
■タイトル:THE OTHER SIDE OF MARS(ジ・アザーサイド・オブ・マーズ)
■品番:MM1313CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥3,500 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Loyal to the Lie
2. Broken on the Inside
3. Alone
4. Killing Breed
5. Memories
6. Right Side of Wrong
7. Ready to Roll
8. Undone
9. Ain't Going Back
10. LA Noir

Mick Marsが、40年以上前に共同結成したバンド、Motley Crueの2022年夏の大規模なスタジアム・ツアーの後、ツアーから身を引いたとき、それはひとつの時代の終わりのように思われた。しかし、それは新しい時代の始まりだった。そのリフ、ソロ、衝撃的にヘヴィなサウンドで、LAのアイコンとして40年間、世界を制覇し、マルチ・プラチナムのバンドを牽引してきた伝説のギタリストは、このソロ・デビュー作で示したように、今もなお重要な存在である。そして今、リスナーはかつてないほどMarsに注目している。「自分の演奏に関しては、モトリー・サイドとマーズ・サイドがある。いずれにせよ、自分のやりたいことに対しては常に明確なヴィジョンを持っている」とギタリストは語る。『The Other Side Of Mars』というタイトルにふさわしく、ファンはそのヴィジョンを多種多様な栄光とともに手に入れることができる。確かに、このアルバムには、特徴的なリフを持ったタフなハードロック・アンセム(荒れ狂う「Loyal to the Lie」、奥深いグルーヴ・ロック「Ain't Going Back」、フックを持ってメロディアスな「Right Side of Wrong」)も数多く収録されている。しかし、激しいモダン・メタル(「Broken on the Inside」)、ゴシック調のサウンドスケープ(「Undone」)、苦悩に満ちたスローなパワー・バラード(「Killing Breed」)、ブルージーでシネマティックなインストゥルメンタル(アルバムの最後を飾るギターのショーケース「LA Noir」)など、71歳のギタリストが新たな未知の領域へと向かう姿も見せている。また、全10曲からなるこのアルバムには、スライド・ギター、ヴァイオリン、ヴィオラ、キーボードなど、あらゆるサウンドの驚きがちりばめられている。




スポンサーサイト



2023-12-14 : Proper Music Distribution :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム