fc2ブログ

■FELA KUTI | 黒人解放運動家でアフロビートの創始者、Fela Kutiの4タイトルがカラー盤LPでリイシュー。



2024.1.26 ON SALE

1971年にリリースされた植民地時代の不正や当時の支配者層による腐敗に異議を唱える最初の作品のひとつ。


■アーティスト:FELA KUTI
■タイトル:WHY BLACK MAN DEY SUFFER
■品番:KFR2012-3[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Why Black Man Dey Suffer
(SIDE B)
1. Ikoyi Mentality vs Mushin Mentality

1971年にレコーディングされた『Why Black Man Dey Suffer』は、当時Fela KutiのレーベルであったEMIによって、論争を引き起こす可能性があるとしてリリースが見送られた。アメリカの黒人解放運動の学校で学び、パン・アフリカ主義な世界観を持ったFelaにとって、このアルバムは植民地時代の不正や当時の支配者層による腐敗に異議を唱える最初の作品の一つとなった。


2024.1.26 ON SALE

「ならず者」のレッテルを貼った権力者に対して無関心を表明した1975年の作品。


■アーティスト:FELA KUTI
■タイトル:NOISE FOR VENDOR MOUTH
■品番:KFR2019-3[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Noise For Vendor Mouth
(SIDE B)
1. Mattress

ナイジェリアの体制は、カラクタ共和国(Fela Kutiが、家族、バンド・メンバー、レコーディング・スタジオがあった共同施設に付けた名前)の住民に、「ならず者」や「麻を吸う者」などとレッテルを貼った。「Noise For Vendor Mouth」は、そのような呼び名にFelaが無関心であることを表している。彼にとってカラクタの人々は、汚職と不始末にまみれた社会で生き延びようとする勤勉な市民の集まりで、真のならず者とは、権力者のことだった。


2024.1.26 ON SALE

自らを襲撃し、残忍な仕打ちを加えた軍事政権に対する1976年の復讐作。


■アーティスト:FELA KUTI
■タイトル:KALAKUTA SHOW
■品番:KFR2020-3[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Kalakuta Show
(SIDE B)
1. Don't Make Garan Garan

アルバム『Kalakuta Show』のリリースは、1974年にFelaを襲撃し、残忍な仕打ちを加えた軍事政権に対する彼の復讐の手段だった。襲撃は8ヵ月間で2度おこなわれた。最初にカラクタ共和国に警察が踏み込んだ後、Felaは「危険ドラッグの所持」と「未成年者誘拐」の罪で法廷に起訴された。しかし、彼を有罪にする実質的な証拠がなかったため、警察は判決の1週間前に再び家宅捜索を実施。過酷で残忍な仕打ちをおこなった。


2024.1.26 ON SALE

日常生活で直面する状況に対する人間の自然な反応について述べた1976年の作品。


■アーティスト:FELA KUTI
■タイトル:EXCUSE-O
■品番:KFR2014-3[LP/輸入盤]
■定価:オープンプライス
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. Excuse-O
(SIDE B)
1. Mr Grammarticalogylisationalism Is the Boss

「Excuse O」は、日常生活で直面する状況に対する人間の自然な反応について述べている。Bサイドの「Mr. Grammarticalogylisationalism is the Boss」もFelaの曲のひとつで、アフリカの教育システムを批判している。




スポンサーサイト



2023-12-15 : Knitting Factory :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム