fc2ブログ

■FAYE WEBSTER | 若手インディペンデント・アーティストの前衛に躍り出た米アトランタのシンガーソングライター、フェイ・ウェブスター。新たなファンや注目が殺到する中、5枚目のアルバム『アンダードレスト・アット・ザ・シンフォニー』をリリース。



2024.3.1 ON SALE[世界同時発売]

若手インディペンデント・アーティストの前衛に躍り出た米アトランタのシンガーソングライター、フェイ・ウェブスター。新たなファンや注目が殺到する中、5枚目のアルバム『アンダードレスト・アット・ザ・シンフォニー』をリリース。


■アーティスト:FAYE WEBSTER(フェイ・ウェブスター)
■タイトル:UNDERDRESSED AT THE SYMPHONY(アンダードレスト・アット・ザ・シンフォニー)
■品番:SC491JCD[CD]SC491JLP-C4[LP/国内流通仕様]
■定価:¥2,500 +税[CD]¥5,000 +税[LP/国内流通仕様]
■その他:
世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録(予定)[CD]
世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、ボーナス・トラックのダウンロード・カード封入(予定)、限定カラー盤(クリア・ヴァイナル)[LP]
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Thinking About You
2. But Not Kiss
3. Wanna Quit All the Time
4. Lego Ring (feat. Lil Yachty)
5. Feeling Good Today
6. Lifetime
7. He Loves Me Yeah!
8. eBay Purchase History
9. Underdressed at the Symphony
10. Tttttime
※他、日本盤ボーナス・トラック収録(予定)

Faye Webster - Lego Ring (feat. Lil Yachty) [Official Video]


Faye Webster - Lifetime (Official Video)


Faye Webster - But Not Kiss (Official Video)


●Faye Websterのニュー・アルバムのタイトルは、アトランタ交響楽団の聴衆の中で、時折自分を見失ってしまうような衝動に駆られることからインスパイアされたものだ。「交響楽団に行くことは、私にとってセラピーのようなものだった。自分の人生の中でクソみたいな時期だと感じていた時を離れて、ちょっとだけ違う世界にいることができた。自分の居場所がないような気がして、それが好きだった」と彼女は言う。Websterを取り巻く世界はますます速く動いているかもしれないが、新たなファンや注目が殺到しているにもかかわらず、彼女は5枚目のアルバムでも、ほとんどありえないほど控えめなやり方でそれについて歌っている。実際、『Underdressed at the Symphony』で初めて彼女の歌声を聴いたとき、彼女は心地よさと警戒心の間の地図にない空間をナビゲートしていた。Websterにとって、今ほど快適な時はない。それが、若手のインディペンデント・アーティストの前衛に躍り出た彼女のユニークさを、さらに甘美なものにしている。Websterは、ペダル・スティールと、モダンなR&Bのプロダクション/ソングライティングを同時に取り入れたカントリー調のインディー・ロックを、常に作っているかもしれない。この特別なサウンドにより、彼女は熱烈なファンを獲得。南部のヒップホップ・ヘッドからオルタナティヴ・ロックのテイストメーカーまで、誰からも愛されるステルス・スーパースターのような存在となった。Websterのライヴでは、こうしたファンが一言一句、一緒に歌っているのを目にすることも珍しくない。さらに面白いことに、WebsterはTikTokのアカウントすら持っていないのに、TikTokでは、「Kingston」、「Right Side of My Neck」、「In a Good Way」、そして最近では「I Know You」など、彼女の楽曲のいくつかがヒットした。テキサス州にあるスタジオ、Sonic Ranchで、長年のバンドと共にレコーディングした『Underdressed at the Symphony』で、彼女は、実験性、遊び心、冒険心を謳歌している。ヴォコーダー、オーケストラ、奇妙なハーモニーとシンセが、Websterのこれまでの楽曲が持つ広々としたクオリティを犠牲にすることなく使用され、歌詞のひとつひとつが意味を増しながら表面化する。Matt “Pistol” Stoesselのペダル・スティールは絶妙な煌めきを加え、WilcoのNels Clineは多くの曲でエモーショナルなフレットワークを披露している。
●小学校時代に独学でギターを学び、家族は伝統的なブルーグラスとカントリーのプレイヤーであったWebsterは、ミュージシャンになるべくして生まれた。僅か16歳でデビュー・アルバム『Run & Tell』をリリース。10代の現象であったJackson BrowneやLaura Marlingのように、作品は叙情的で芸術的な明快さを示していた。彼女は故郷、アトランタのカルチャーに深く根付いていた。Lil Yachtyはクラスメートで、高校時代にラッパー/プロデューサーのEtherealと友達になった。続けてAwful Recordsと契約。Father、Playboi Carti、Ethereal等とレーベル・メイトとなった。部外者にとっては少し奇妙だが、Websterは彼らと同じアート・キッズの精神を共有していたのだ。2017年にAwfulからリリースされたセルフ・タイトルのアルバムは、彼女をSecretly Canadianとの契約に導くのに十分な内容であった。2年後、彼女は『Atlanta Millionaires Club』をリリース、批評家達から高い評価を得た。2021年には4枚目のアルバム『I Know I’m Funny haha』をリリース。アルバムはPitchforkでベスト・ニュー・アルバムに選ばれ、「今年のベスト・レコードの1枚」と絶賛された。マルチな才能を持つWebsterはKiller Mike、Offset、D.R.A.M、Nikeといったブランドのキャンペーンの撮影を手掛けたフォトグラファーでもある。また、時々、モデルとしても活動し、フルタイムのヨーヨー愛好家でもある。




スポンサーサイト



2024-01-12 : Faye Webster :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム