fc2ブログ

■COLOURING | カラーリング、2月28日発売のセカンド・アルバム『LOVE TO YOU, MATE(ラヴ・トゥ・ユー、メイト)』より、「How'd It Get So Real?」を公開。

Colouring - Howd It Get So Real

Colouring - How'd It Get So Real? (Official Stream)







2024.2.28 ON SALE

ノッティンガムを拠点に活動するソングライター/プロデューサー、ジャック・ケンワージーによるプロジェクト、カラーリング。最も信じ難い1年をテーマとしたセカンド・アルバム『ラヴ・トゥ・ユー、メイト』、ベラ・ユニオンよりリリース。


■アーティスト:COLOURING(カラーリング)
■タイトル:LOVE TO YOU, MATE(ラヴ・トゥ・ユー、メイト)
■品番:BELLA1523CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他はつきません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. For You
2. I Don't Want To See You Like That
3. How'd It Get So Real
4. Lune
5. A Wish
6. The Light
7. Love To You, Mate
8. Coda
9. 'small miracles'
10. For Life
11. Big Boot

Colouring - For You (Official Lyric Video)


Colouring - Lune


ノッティンガムを拠点に活動するソングライター/プロデューサーの人生は、デビュー・アルバム『Wake』のリリースを数ヶ月後に控えた2021年2月、義理の弟、Greg Bakerがステージ4の腸がんと診断されたことで一変した。若い男の人生は解体されてしまうように思えたが、その後の1年は、最も信じ難いものとなった。『Wake』は、Coldplay、Elbow、Keaneといった00年代のポスト・ブリットポップから影響を受けつつも、RadioheadやJames Blakeからエレクトロニックなリズムを取り入れたアルバムであったが、そのリリース以来、Colouringはソロ・プロジェクトとなっていた。Jack Kenworthyのデビューはルネッサンスとなった。『Symmetry』、『Heathen』、『Bn』といったEPはInterscope Recordsからリリースされ、Colouringは他の3人のミュージシャンをバックにしたもっとポップなバンドであった。これらのEPは、The 1975のツアー・サポート、メインストリームのラジオでのオンエア、北米での大規模なヘッドライン・ツアー、そして、「Time」(『Bn』のリードシングル)が『13 Reasons Why』のサウンドトラックに収録されるきっかけとなった。『Love To You, Mate』というタイトルにもかかわらず、このアルバムは KenworthyとGregの関係を気にしていない。「このアルバムの中心が彼であることは明らかだし、最後の2曲は間違いなく彼に捧げたものだ。でも、彼との関係だけを歌ったレコードを作るのは不誠実だった。このアルバムの目標と意図は、(家族への)愛のメッセージであり、彼らがしてくれたことへの感謝だった。僕らは1年間、結束の固い、切っても切れない友人としてのグループだった。奇妙な意味で、恐ろしくもあり、素晴らしくもあった1年だった」とKenworthyは語る。




スポンサーサイト



2024-01-31 : Bella Union :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム