fc2ブログ

■VARIOUS ARTISTS | トーキング・ヘッズのライヴ映画『ストップ・メイキング・センス』のトリビュート・アルバム『エヴリワンズ・ゲッティング・インヴォルヴド:ア・トリビュート・トゥ・トーキング・ヘッズ・ストップ・メイキング・センス』、リリース決定。アルバムより、パラモア「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」を公開。



Paramore - Burning Down the House (Official Visualizer)


VARIOUS ARTISTS_ EVERYONE’S GETTING INVOLVED A TRIBUTE TO TALKING HEADS’ STOP MAKING SENSE_PARAMORE560

A24 Musicはコンピレーション・アルバム『Everyone’s Getting Involved: A Tribute to Talking Heads’ Stop Making Sense』をリリースする。この作品は、Jonathan Demme監督の同名のコンサート映画の再リリースと、それに伴うサウンドトラック・アルバムの40周年を記念して制作された。アルバムには、BADBADNOTGOOD、Blondshell、The Cavemen.、Chicano Batman Feat. Money Mark、DJ Tunez、El Mató a un Policía Motorizado、girl in red、Jean Dawson、Kevin Abstract、The Linda Lindas、Lorde、Miley Cyrus、Paramore、The National、Teezo Touchdown、Toro y Moiといった豪華な才能が参加している(アルファベット順)。

オリジナルLPのトラックリストを反映したエキサイティングで驚くべき16の再解釈は、新しい世代のリスナーにTalking Headsの音楽を紹介するだけでなく、長年のファンが何十年も聴いてきた曲を、新鮮な視点とユニークな解釈で聴かせてくれる。アーティストのセレクションは、世代とスタイルの幅に焦点を当てながら、ポピュラー音楽と文化の中で『Stop Making Sense』を再文脈化する。A24は『Stop Making Sense』のワールドワイドでの上映権を獲得し、この秋、レストアされた4Kプリントで世界中の劇場で上映した。この映画は、IMAXのライヴ・イベント興行収入の最高記録を樹立し、わずか数週間で10ヶ月の全米劇場公開時の興行収入を上回った。オーディエンスは、全米の特定のレジデンスでこの映画を見るために、再び映画館に列を作っている。そして何より、この上映会ではTalking Headsの中心メンバー4人が2002年以来初めて一堂に会し、David Byrne、Tina Weymouth、Chris Frantz、Jerry Harrisonがステージ上で会話に参加。伝説的な映画とアルバムの思い出を語り合った。

1983年12月にロサンゼルスのPantages Theatreで行われた3公演を収録し、翌年にリリースされた『Stop Making Sense』は、史上最高のコンサート・フィルムのひとつとして広く知られている。その中でTalking Headsは、Bernie Worrell、Alex Weir、Steve Scales、Lynn Mabry、Ednah Holtといったミュージシャンを加え、「Once in a Lifetime」、「Burning Down the House」。「Crosseyed and Painless」といった楽曲が新たな高みに到達するのを助けている。

※アルバムの詳細は後報

VARIOUS ARTISTS_ EVERYONE’S GETTING INVOLVED A TRIBUTE TO TALKING HEADS’ STOP MAKING SENSE_cover560


 

スポンサーサイト



2024-02-02 : Secretly Distribution :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム