fc2ブログ

■VARIOUS ARTISTS | トーキング・ヘッズのライヴ映画『ストップ・メイキング・センス』のトリビュート・アルバム『エヴリワンズ・ゲッティング・インヴォルヴド:ア・トリビュート・トゥ・トーキング・ヘッズ・ストップ・メイキング・センス』、リリース決定。アルバムより、ロード「テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー」を公開。



Lorde - Take Me to the River (Visualizer)


Lorde 2024 - Photo credit_ Lauren Tepfer

Lordeの「Take Me To The River」のカヴァーは、A24 Musicのコンピレーション『Everyone’s Getting Involved: A Tribute to Talking Heads’ Stop Making Sense』(Jonathan Demme監督の同名の象徴的なコンサート映画の再公開と、それに付随するサウンドトラック・アルバムの40周年を記念して制作)からの最新シングルとなる。このコンピレーションに対してのLordeの貢献は特にユニークだ。「Take Me To The River」は、1974年に伝説のヴォーカリスト、Al Greenが作曲し、最初にリリースした曲のカヴァーとなる。Talking Headsの1978年のヴァージョンは、原曲をなめらかで官能的なテンポにスローダウンしたもので、ビルボード・ホット100で当時最高の26位を記録する大ヒットとなった。Lordeはこの曲に独自の新鮮なスピンを加え、そのベース主導のメロディを、うねるようなシンセのアルペジオとパーカッシブなトワックで包んだ。

『Everyone’s Getting Involved: A Tribute to Talking Heads’ Stop Making Sense』は、アルファベット順に、BADBADNOTGOOD、Blondshell、The Cavemen.、Chicano Batman Feat. Money Mark、DJ Tunez、El Mató a un Policía Motorizado、girl in red、Jean Dawson、Kevin Abstract、The Linda Lindas、Lorde、Miley Cyrus、Paramore、Teezo Touchdown、The National、Toro y Moiと、豪華な才能による楽曲を収録する。現在まで、Paramoreの「Burning Down the House」とTeezo Touchdownの「Making Flippy Floppy」がリリースされている。

Paramore - Burning Down the House (Official Visualizer)


Teezo Touchdown - Making Flippy Floppy (Official Visualizer)


※アルバムの詳細は後報

VARIOUS ARTISTS_ EVERYONE’S GETTING INVOLVED A TRIBUTE TO TALKING HEADS’ STOP MAKING SENSE_cover560


 

スポンサーサイト



2024-03-31 : Secretly Distribution :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム