fc2ブログ

■BAD BREEDING | バッド・ブリーディング、6月19日発売のニュー・アルバム『CONTEMPT(コンテンプト)』より、ニュー・シングル「Discipline」を公開。

BAD BREEDING - DISCIPLINE

BAD BREEDING - DISCIPLINE







2024.6.19 ON SALE

英スティーブニッジを拠点とするハードコア・バンド、バッド・ブリーディング。ユニフォームのベン・グリーンバーグのプロデュースによる5枚目のアルバム『コンテンプト』を、ワン・リトル・インディペンデントよりリリース。


■アーティスト:BAD BREEDING(バッド・ブリーディング)
■タイトル:CONTEMPT(コンテンプト)
■品番:TPLP1925CDJ[CD/国内流通仕様]※帯付で解説他はつきません。
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Temple of Victory
2. Survival
3. Devotion
4. Liberty
5. Discipline
6. Retribution
7. Gilded Cage / Sanctuary
8. Vacant Paradise
9. Idolatry
10. Contempt

BAD BREEDING - SURVIVAL


「Bad Breedingは、揺るぎない芸術性と同じくらい印象的な、美しく、苛烈な怒りを生み出している」– NPR
「Bad Breedingは、より良い牧草地を求めて町から逃げるのではなく、より深く根を下ろした。そして、今日最も影響力のあるパンク・バンドのひとつを育てた町として、スティーブニッジを地図に載せた」- Bandcamp Daily
「絶望から生まれた音楽で、これほど爽快なものは滅多にない」- Loud & Quiet


英スティーブニッジを拠点とするハードコア・バンド、Bad Breedingは、6月にOne Little Independent Recordsから5枚目のアルバム『Contempt』をリリースする。このアルバムは、保守的なリトクラシーと後期資本主義の搾取的な力を容赦なく攻撃した2022年の『Human Capital』に続くもので、緊縮財政が労働者大衆に及ぼした継続的な影響と、特に資本による地球とその住民の破壊について探求している。レコーディングとプロデュースはBen Greenberg(The Chisel、Metz、Cumgirl8、Drab Majesty)がChapel Studiosでおこない、アートワークは、著名なフォトモンタージュ・アーティストであり、反戦運動家でもあるPeter Kennardによるものだ。Christopher Dodd(V)、Idris Mirza(G)、Charlie Rose(B)、Jimmy Guvercin(D)によるBad Breedingは、イギリスのアナーコ・パンク・シーンのパイオニア、Crass、Rudimentary Peni、Flux of Pink Indiansから影響を受けている。容赦ないツアー・スケジュールを続けながら、One Little Independent Recordsと契約し、2022年の『Human Capital』は高い評価を獲得。日本での10日間の公演を含む大規模なツアーを行った。




スポンサーサイト



2024-04-02 : One Little Independent :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム