fc2ブログ

■Edward Sharpe And The Magnetic Zeros + Alexander Ebert / フォーク/ルーツ・ロックを牽引する存在として絶大な人気を誇るアレックス・エバート率いるエドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズの最新サード・アルバムが遂にリリース!  また、第71回ゴールデン・グローブ賞の作曲賞を受賞したアレックス・エバートによる『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』のサウンドトラックも同時リリース!



マムフォード・アンド・サンズと共にフォーク/ルーツ・ロックを牽引する存在として絶大な人気を誇るアレックス・エバート率いるエドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズの最新サード・アルバム『エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズ』が遂にリリース! 
また、第71回ゴールデン・グローブ賞の作曲賞を受賞したエドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのアレックス・エバートによる『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』のサウンドトラックも同時リリース!


フォーク/ルーツ・ロックを牽引するアレックス・エバート率いるエドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのサード・アルバム。「このアルバムの曲は自分にとっての全てだ。今までの作品のなかでも最も生々しく自由で騒がしい作品だ」とアレックスが語る傑作が遂に完成。
2014.5.7 ON SALE
EDWARD SHARPE AND THE MAGNETIC ZEROS
“EDWARD SHARPE AND THE MAGNETIC ZEROS”

エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズ『エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズ』
■品番:VRJ4096[国内流通仕様]■価格:¥2,000 + 税
■収録曲目:
1. Better Days
2. Let’s Get High
3. Two
4. Please!
5. Country Calling
6.Life is Hard
7. If I Were Free
8. In The Lion
9. They Were Wrong
10. In The Summer
11. Remember To Remember
12. This Life


第71回ゴールデン・グローブ賞の作曲賞を受賞。エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのアレックス・エバートによる『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』のサウンドトラック。
2014.5.7 ON SALE
『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』オリジナル・サウンドトラック
ALEXANDER EBERT “ALL IS LOST”
アレックス・エバート /『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』オリジナル・サウンドトラック
■品番:CMGJ024[国内流通仕様]■価格:¥2,000 + 税
■収録曲目:
1. Excelsior
2. All Is Lost
3. Virginia’s Dream
4. The Infinite Bleed
5. The Invisible Man
6. Pulse Of The Weight
7. Dance Of Lilies
8. The Instincts Of Boredom
9. Somewhere In The Midnight Of Summer
10. Excelsior And The All Day Man
11. Amen
『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』
2014年3月14日(金)TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテほか、全国ロードショー


【エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズ/アレックス・エバート】
エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズは2007年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたアメリカン・インディ・フォーク・バンドだ。リーダーはヴォーカルのアレックス・エバート(Alex Ebert)で、メンバーは最大12名にもなる。元々はアレックス・エバートとシンガーのJade Castrinosがロサンゼルスのダウンタウンのカフェで出会ったことからバンドは始まった。ルーツ・ロック、フォーク、ゴスペル、サイケデリック・ミュージック等から影響を受けたバンドのサウンドやイメージは1960/70年代のヒッピー・ムーヴメントを思い起こさせる。
バンドの初めてのショーは2007年7月。2009年5月にEP『Here Comes』をリリース後、同年7月にファースト・アルバム『アップ・フロム・ビロウ』をリリース。スマッシュ・ヒットとなった「Home」、ファンの間でも人気の高い「40 Day Dream」「Janglin」といった楽曲が収録された当アルバムは、USアルバム・チャートの76位を記録した。バンドは積極的にツアーをおこない、Coachella、Bonnaroo、Lollapalooza、Leeds、Austin City Limitsといったフェステイヴァルでもプレイした。また2011年4月には、マムフォード・アンド・サンズ、Old Crow Medicine Showと共にルーツ・ミュージックやフォークをフィーチャーした全米6都市を回る巡業「The Railroad Revival Tour」も実施した。2012年5月にセカンド・アルバム『ヒア』をリリース。「Man On Fire」「That's What's Up」といった楽曲が収録されたこのアルバムは、USアルバム・チャート5位を記録(インディ・アルバム・チャートでは1位)。同年のローリング・ストーン誌の年間ベスト・アルバムの7位にも選ばれた。また、「The Railroad Revival Tour」は『Big Easy Express』と題したドキュメンタリー映画となった。列車に乗り、オークランドからニューオリンズまでアメリカ横断の旅をしながら各地でライヴをおこなう模様を記録したこの作品は、ジャック・ジョンソンのサーフィン映画等をプロデュースしたエメット・マロイが監督で、2013年のグラミー賞の最優秀ミュージック・ビデオ/長編(Long Form Video)を獲得した。2013年7月にはサード・アルバム『エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズ』をリリース。「このアルバムの曲は自分にとっての全てだ。今までの作品のなかでも最も生々しく自由で騒がしい作品だ」とプロデュースを行ったアレックス・エバートが語るこのアルバムは、USアルバム・チャートの14位を記録した。
バンドの中心人物アレックス・エバートは1978年にサイコセラピストと女優の間の息子としてロサンゼルスで生まれた。父の影響で音楽に興味を持つようになり、大学をドロップ・アウトした後は映像の撮影等を行っていた。その後、アイム・ア・ロボット(Ima Robot)を結成。『Ima Robot』(2003)、『Monument To The Masses』 (2006)、『Another Man's Treasure』 (2010)と3枚のアルバムをリリース。2011年の3月にはファースト・ソロ・アルバム『アレクサンダー』をリリースした。また2013年10月には、自身が作曲&プロデュースを手掛けた『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』のサウンドトラックをリリース。第71回ゴールデン・グローブ賞の作曲賞を授賞した。

【『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』イントロダクション】
 文明からたったひとりで遠く引き離され、大自然の猛威にさらされ、助けを呼ぶ声はどこにも届かない―“All is Lost” すべてが失われたとき、人はそれでも希望を持ち続けることができるのだろうか?本作はそんな人間の命の可能性 に肉迫した感動の人間ドラマであり、大自然と向き合い、その怖さを知らされると同時に、それでも強くあれと思い続け る男の魂の軌跡だ。人はなぜ未知の体験を求めるのか?なぜ愚かな過ちに気づかないのか?なぜ生きるのか?すべての答えは、この映画の中にある。
 2013年10月に全米公開されるや批評家から賞賛の声を集め、賞レースへの参入が有望視されている本作。唯一の出演者となるロバート・レッドフォードは、半世紀以上にわたってハリウッドの第一線で活躍を続け、『普通の人々』で監督としてアカデミー賞を受賞し、プロデューサーとしても活躍、若い才能を発掘・育成するサンダンス映画祭の主宰者。映画作りを熟知し、誰からもリスペクトされている。そんな彼がが76歳という年齢にもかかわらず、全編が水上での撮影という過酷なロケに挑んだ。監督・脚本のJ.C.チャンダーは長編デビュー作『マージン・コール』でアカデミー賞オリジナル脚本賞にノミネートされた注目の俊英。“脚本は大胆でエキセントリックだ。そして彼は、どう撮るべきかをすべてを理解していた”とのレッドフォードも絶賛している。そして、製作総指揮のひとりとして名を連ねるのは映画『スター・トレック』でスポック役を演じる、ザッカリー・クイント。彼はチャンダー監督のデビュー作『マージン・コール』にも出演している。
※【公式サイト】: http://allislost.jp/

【同時発売/2014.5.7 ON SALE】

アレックス・エバート率いるエドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのファースト・アルバム。スマッシュ・ヒットとなった「Home」、ファンの間でも人気の高い「40 Day Dream」「Janglin'」を収録。
EDWARD SHARPE AND THE MAGNETIC ZEROS "UP FROM BELOW"
エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズ『アップ・フロム・ビロウ』
■品番:VRJ542[国内流通仕様]■価格:¥2,000 + 税

アレックス・エバート率いるエドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのセカンド・アルバム。全米チャートの5位(インディ・チャートは1位)を記録した傑作。
EDWARD SHARPE AND THE MAGNETIC ZEROS "HERE"
エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズ『ヒア』
■品番:VRJ735[国内流通仕様]■価格:¥2,000 + 税

エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのリード・シンガー/ソングライター、アレックス・エバートのファースト・ソロ・アルバム。
ALEXANDER "ALEXANDER"
アレックス・エバート『アレクサンダー』
■品番:VRJ656[国内流通仕様]■価格:¥2,000 + 税


EDWARD SHARPE AND THE MAGNETIC ZEROS
ALEXANDER EBERT


スポンサーサイト



2014-03-20 : Edward Sharpe And The Magnetic Zeros + Alexander Ebert :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム