fc2ブログ

■School Of Language / スクール・オブ・ランゲージ『オールド・フィアーズ』、Pitchforkレヴュー



School of Language
Old Fears
Memphis Industries; 2014
By Jeremy D. Larson; April 11, 2014

On Field Music’s 2012 album Plumb, every guitar strum and every change in time signature was a musical deke that kept co-leaders David and Peter Brewis at a safe distance. The brothers' previous album, Measure, was similarly insular only double the length. Peter expanded on that concept with his solo project, The Week That Was, with nine musicians dotting his songs with sundry accoutrement. Meanwhile David’s first solo album as School of Language worked in headier spaces, deconstructing digital textures and power pop into impossible-to-perform tracks that exist more as a thought experiment than something he could pull off live. Well, David has finally lets his guard down with Old Fears, an album that recalls the words of the great guru George Clinton: “funk not only moves, it removes, dig?”.
Okay, sure, you won’t mistake a Field Music solo project for a lost P-Funk album. But when the first sounds of the record nod to both Herbie Hancock’s “Chameleon” and Duran Duran’s “Notorious", you get a sense of where Brewis is coming from. On the surface, these songs have all the trappings of oblique art-pop, but the music is at its core an homage to the crisp edges of late 1970s fu・・・・・・

>>>http://pitchfork.com/reviews/albums/19209-school-of-language-old-fears/








マーキュリー・プライズにもノミネートされたフィールド・ミュージックのメンバー、デヴィッド・ブリューイズのソロ・プロジェクト、スクール・オブ・ランゲージの6年振りとなるセカンド・アルバムが完成!


2014.4.9 ON SALE
SCHOOL OF LANGUAGE
“OLD FEARS”

スクール・オブ・ランゲージ『オールド・フィアーズ』
■品番:MI0305CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,000+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Distance Between
2. A Smile Cracks
3. Suits Us Better
4. Between the Suburbs
5. Old Fears
6. Dress Up
7. Moment of Doubt
8. Small Words
9. So Much Time
10. You Kept Yourself

「クラシックでありながら時代の先を行く」(NME)
「フィールド・ミュージックのポップが好きな人を必ず満足させるだろう」(Pitchfork)
スクール・オブ・ランゲージはマーキュリー・プライズにもノミネートされたフィールド・ミュージック(Field Music)のメンバー、デヴィッド・ブリューイズ(David Brewis)のソロ・プロジェクトだ。彼のスクール・オブ・ランゲージとしてのファースト・アルバム『Sea From Shore』は2008年にリリースされ大きな評価を獲得した。約6年振りの作品となる当『オールド・フィアーズ』は、2013年の1年間をかけ、サンダーランドのフィールド・ミュージックのスタジオでレコーディングされた。このアルバム『オールド・フィアーズ』はポップなレコードだ。
「僕はたくさんの曲を書いたんだ。で、そうした曲は"愛"についてのものと"恐怖"についてのものに明確に分かれることに気づいたんだ。19才から20才位の形成期を振り返る自分についての歌だった。あまりコンセプト・アルバムとは呼びたくなかったんだけど、実際はそうだったんだ」とデヴィッドは語る。
アルバムは2014年4月にメンフィス・インダストリーよりリースされる。



スポンサーサイト



2014-04-14 : Memphis Industries :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム