■Against Me! / USを代表するパンク・バンドにまで成長したアゲインスト・ミー。ジェンダー・ディスフォリア(性別違和)と向き合うローラ・ジェーン・グレイスにより書かれた、激しくて挑発的、そして洞察に満ちた10曲を収録。自身6枚目のアルバム『トランスジェンダー・ディスフォリア・ブルース』発売。



2014.9.24 ON SALE

AGAINST ME!
“TRANSGENDER DYSPHORIA BLUES”

アゲインスト・ミー『トランスジェンダー・ディスフォリア・ブルース』
■品番:XMR084CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Talking Transgender Dysphoria Blues
2. True Trans Soul Rebel
3. Unconditional Love
4. Drinking With The Jocks
5. Osama Bin Laden As The Crucified Christ
6. FUCKMYLIFE666
7. Dead Friend
8. Two Coffins
9. Paralytic States
10. Black Me Out

1997年にヴォーカル/ギターのLaura Jane Grace / ローラ・ジェーン・グレイス(Tom Gabel / トム・ガベルより改名)を中心にフロリダで結成。『Against Me! Is Reinventing Axl Rose』(2002年)『Against Me! as the Eternal Cowboy』(2003年)『Searching for a Former Clarity』(2005年)とインディより3枚のアルバムをリリース後、2007年の『New Wave』よりメジャーに移籍。ブッチ・ヴィグによってプロデュースされた同アルバムはUSチャートの57位を記録し、同年の『SPIN』誌のアルバム・オブ・ザ・イヤーの1位を獲得。また『Rolling Stone』誌の同年のトップ50アルバムの1枚にも選出され、同誌はバンドを2008年の”ベスト・パンク・バンド”と宣言した。2010年にはブッチ・ヴィグをプロデューサー、ミキサーにアラン・モウルダーを迎えて制作された『White Crosses』をリリースし、USチャートの34位を記録。2011年、バンドは自身のレーベルTotal Treble Musicを立ち上げ、デモやアコーステックをコンパイルした『Black Crosses』と題したディスクを先の『White Crosses』に追加して、2枚組仕様でリリース。2014年には6枚目のアルバム『Transgender Dysphoria Blues』をリリース。アルバムはUSチャートの23位を記録した。





スポンサーサイト
2014-08-13 : Xtra Mile Recordings :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム