FC2ブログ

■Paul Smith & Peter Brewis / 2014年11月に発売されるマキシモ・パークのポール・スミスとフィールド・ミュージックのピーター・ブリューイズのコラボレーション・アルバム『フローズン・バイ・サイト』より「Exiting Hyde Park Towers」を公開!





■アーティスト:PAUL SMITH & PETER BREWIS(ポール・スミス&ピーター・ブリューイズ)
■タイトル:FROZEN BY SIGHT『フローズン・バイ・サイト』

フィールド・ミュージックのピーター・ブリューイズとマキシモ・パークのポール・スミスという、マーキュリー・プライズにノミネートもされた二つのバンドのメンバーによるコラボレーション・アルバムが完成した。二人は2013年春のFestival Of The North Eastで初共演。2014年のはじめには、ピーターの兄弟でもあるデヴィッド・ブリューイズを共同プロデューサーに迎えて、サンダーランドにあるフィールド・ミュージックのスタジオで当『フローズン・バイ・サイト』の制作作業を開始した。レコードの全体的なサウンドの特徴は、バンドの独特なパフォーマンスから引き出されている。デヴィッドのダイナミックな押し引きの効いたドラム、John Popeの揺れるよなメロディックなベース、Ed Crossのドラマティックなストリングス、Andrew Lowtherの堂々たるパーカッション。そして、ポールはシンガー/ギタリストとしてプレイし、ピーターはピアノのアレンジなどで補強をした。アルバムには彼らが記録にとどめた言葉や場所が詰まっている。彼等のホームタウンであるイングランドの北東から遠く離れた目的地へと場所はより具体的になっていく。また道路の清掃婦やロマンチックな年老いたカップルなど、色々なキャラクターも登場する。そう、アルバムの中の曲には色々な発見がある。「Trevone」はこうしたヴィジュアル・ジャーニーの完全な見本のような曲だ。そして、アルバムの頭からアップリフティングでマジカルな最後まで感じられる”普通ではない音楽的な感触”は、アルバムの神秘的なイメージを映し出している。『フローズン・バイ・サイト』二人のコラボレーションを宣言する貴重な音楽のピースが詰まった作品なのだ。





スポンサーサイト



2014-09-20 : Paul Smith & Peter Brewis :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム