■Cursive / カーシヴの大傑作アルバム『アグリー・オルガン』が再発。アルバムはリマスターされ、アートワークも一新。8曲入りのボーナス・ディスクも追加された2枚組のデラックス・エディションとなってリリース。



2014.12.3 ON SALE

CURSIVE
“THE UGLY ORGAN [DELUXE EDITION]”

カーシヴ『アグリー・オルガン[デラックス・エディション]』
■品番:LBJ-185CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,300+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
[Disc 1]
1. The Ugly Organist
2. Some Red Handed Sleight of Hand
3. Art Is Hard
4. The Recluse
5. Herald! Frankenstein
6. Butcher the Song
7. Driftwood: A Fairy Tale
8. A Gentleman Caller
9. Harold Weathervein
10. Bloody Murder
11. Sierra
12. Staying Alive
[Disc 2]
1. Excerpts from Various Notes Strewn Around the Bedroom of April Connolly Feb 24, 1997
2. Am I Not Yours?
3. Escape Artist
4. May Flowers
5. Sinner's Serenade
6. Nonsense
7. Once
8. Adapt

 カーシヴは米ネブラスカ州オマハ出身のエモ・バンドだ。1995年、それまでSlowdown Virginiaというバンドで活動していたTim Kasher、Matt Maginn、Steve PedersenにClint Schnaseを加えた4人でバンドを結成。1997年にファースト・アルバム『Such Blinding Stars for Starving Eyes』をリリースする。1998年にTimがオマハを離れたことにより一旦バンドは解散。解散作として『The Storms of Early Summer: Semantics of Song』がリリースされる。1999年、バンドは再結成。Steveに代わりTed Stevensがバンドに加入し、2000年に3枚目のアルバム『Domestica』をリリース。2001年、紅一点のチェリストGretta Cohnがバンドに加入。2003年に『The Ugly Organ』をリリースし、モグワイ、インターポール、ラプチャー他とザ・キュアーの復活ツアー等に参加する。その後、長期の休養に入り、その間にGrettaが脱退。2006年、バンドは4人編成で『Happy Hollow』をリリース。2008年Clintが脱退しCully Symingtonが加入し、『Mama, I'm Swollen』(2009年)、『I Am Gemini』(2011年)と2枚のアルバムをリリースしている。
 当『The Ugly Organ』は2003年の春にリリースされた4枚目のアルバムで、バンドの最高傑作と評価されている。チェロを融合したサウンドと演劇の脚本を模した歌詞はプレスから大絶賛され、Alternative Press誌のレヴューでは5/5点を獲得。「華麗な跳躍(Rolling Stone誌)」「年中聴けるパンク・アルバムの最高傑作(Magnet誌)」とアルバムは評された。今回の再発にあたりアルバムはリマスターされ、アートワークも一新。また8曲入りのボーナス・ディスクも追加された2枚組のデラックス・エディション仕様となっている。






スポンサーサイト
2014-09-30 : Saddle Creek :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム