fc2ブログ

■Alt-J / 世界的大ヒットとなったデビュー・アルバム『アン・オーサム・ウェイヴ』でブレイクを果たし、待望のセカンド・アルバム『ディス・イズ・オール・ユアーズ』をリリースしたalt-J(アルト・ジェイ)の単独来日公演が決定!



世界的大ヒットとなったデビュー・アルバム『アン・オーサム・ウェイヴ』でブレイクを果たし、待望のセカンド・アルバム『ディス・イズ・オール・ユアーズ』をリリースしたalt-J(アルト・ジェイ)の単独来日公演が決定!

2015年1月13日(火) TSUTAYA O-EAST
OPEN 18:00/ START 19:00 TICKET¥6,000(オールスタンディング・税込)別途1ドリンク
Info: クリエイティブマン | www.creativeman.co.jp 03-3499-6669




【ALT-J “THIS IS ALL YOURS”】
ミリオンセラーを記録しマーキュリー・プライズも獲得したデビュー・アルバム『アン・オーサム・ウェイヴ』に続くアルト・ジェイのセカンド・アルバム『ディス・イズ・オール・ユアーズ』がついにリリース。

NOW ON SALE
アルト・ジェイ『ディス・イズ・オール・ユアーズ』

■発売元: 株式会社ウルトラ・ヴァイヴ■品番: INFECT200CDJ■定価: ¥2,300 + 税■その他: 解説 / 歌詞 / 対訳付
★日本盤のみリミックス2曲入りボーナス・ディスク付(初回盤のみ)[1. ナラ(トム・アルト・ジェイ・リミックス) 2. リーヴィング・ナラ(トム・アルト・ジェイ・リミックス)]
【収録曲目】
1. Intro / イントロ
2. Arrival in Nara / アライヴァル・イン・ナラ
3. Nara / ナラ
4. Every Other Freckle / エヴリ・アザー・フレックル
5. Left Hand Free / レフト・ハンド・フリー
6.❦ (Garden of England) / ❦(ガーデン・オブ・イングランド)
7. Choice Kingdom / チョイス・キングダム
8. Hunger of the Pine / ハンガー・オブ・ザ・パイン
9. Warm Foothills / ウォーム・フットヒルズ
10. The Gospel of John Hurt / ザ・ゴスペル・オブ・ジョン・ハート
11. Pusher / プッシャー
12. Bloodflood pt.II / ブラッドフラッド・パート・ツー
13. Leaving Nara / リーヴィング・ナラ

【アルト・ジェイ】
アルト・ジェイは2007年イギリスのリーズ大学の学生であったジョー・ニューマン、ガス・アンガー・ハミルトン、トム・グリーン、グウィル・セインズベリーの4人によって結成された(後にグウィルは脱退し、現在は3人で活動している)。バンド名はアップル社のマックで記号「△」が表示されるキーボードのタイピング順(alt+J)に由来している。フォークからダブステップまで様々な要素が詰まったサウンドに美しいヴォーカルを融合させたサウンドは、時としてフォーク・ステップと称される。2012年5月、バンドはデビュー・アルバム『アン・オーサム・ウェイヴ』(北米は同年9月)をリリース。アルバムは地元イギリスでは、2012年のマーキュリー・プライズを獲得。2013年のブリット・アワードでは3部門にノミネートされ、2013年のアイヴァー・ノヴェロのアルバム・アワードも獲得した。またアメリカでも大ヒットを記録。アルバムはこの年アメリカで一番売れたイギリスの新人バンドの作品となり、30万枚近い売り上げを記録。今まで週間の売り上げが1,200枚を切ったことはく、今だに売れ続けている。現在、アルバムは全世界で既に100万枚以上のセールスを記録している。2014年9月、バンドはセカンド・アルバム『ディス・イズ・オール・ユアーズ』(日本は同年10月)をリリース。イギリスのチャートでは1位、アメリカのチャートでは4位を獲得。10カ国以上のチャートでトップテンにランクインした。また2015年3月にはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでライヴを行うことも発表した。日本には2012年のフジロックフェスティヴァルと2013年のサマーソニック出演の為、二度来日している。バンドはよくレディオヘッドと比較されるが、「僕達は皆、レディオヘッドが好きだ。確実に影響を受けているところはある。ただ、彼等にはキャリアがあるが、僕達はまだアルバム1枚しかリリースしていない。比較されるのは時期尚早だ」とジョーは語っている。





スポンサーサイト



2014-10-20 : Alt-J :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム