■Frank Turner / 最新アルバム『Tape Deck Heart』がUKチャートで2位を獲得した英フォーク・パンクを代表するアーティスト、フランク・ターナーの3枚目のレアトラック集。 ウェンブリー・アリーナをソールド・アウトしロンドン・オリンピックでもプレイするまでに成長した孤高のシンガーのドキュメンタリー的アルバム。



2014.12.3 ON SALE

FRANK TURNER
“THE THIRD THREE YEARS”

フランク・ターナー『ザ・サード・スリー・イヤーズ』
■品番:XMR099CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Somebody To Love
2. Hits and Mrs
3. Sweet Albion Blues
4. Riot Song
5. Something Of Freedom
6. Fields Of June
7. Happy New Year
8. American Girl
9. There Are Bad Times Just Around The Corner
10. Pancho & lefty
11. Big Foot
12. Live & Let Die
13. The Corner
14. Kiera
15. Plain Sailing Weather
16. Tell Tale Signs
17. The Way I Tend To Be
18. The Ballad Of Me and My Friends
19. Broken Piano (demo)
20. Born To Run
21. Dan’s Song

「The Way I Tend To Be」


フランク・ターナーは英メオンストーク出身のフォーク・パンクのシンガーソングライターだ。元々はポスト・ハードコアのバンド、Million Deadのヴォーカルとして活動。2005年のバンド解散後、ソロに転向。2007年にデビュー・アルバム『Sleep Is For The Week』をリリースし、ファーストを進化させた2008年のセカンド・アルバム『Love Ire & Song』で高評価を獲得。バンド・サウンドを導入した2009年のサード・アルバム『Poetry Of The Deed』で初のUKトップ40ヒットを記録し、2011年の4枚目のアルバム『England Keep My Bones』はUKチャートで12位を獲得した。2013年には、通算5枚目で目下の最新アルバム『Tape Deck Heart』をリリース。アルバムはUKチャートで2位を獲得。アメリカのチャートでも52位にランクインした。当『The Third Three Years』はフランク・ターナーの3枚目のレアトラック集だ。デモ、ラジオ・セッション、Bサイド、カヴァー、デュエット、ライヴ、サイド・プロジェクトなど3年以上もスタジオ・アルバムには収録されていなかった楽曲の中からフランクが選曲をし、アートワークも自身が手掛けた。この間フランクはウェンブリー・アリーナをソールド・アウトしロンドン・オリンピックでもプレイ。まさにフランクの成長を記録したドキュメンタリー的なアルバムだ。





スポンサーサイト
2014-10-22 : Xtra Mile Recordings :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム