■To Kill A King / 今UKで大きな注目を浴びるロック・バンド、トゥ・キル・ア・キング。 マーク・クルー(バスティル他)をプロデューサーに迎えて制作されたセルフタイトルのセカンド・アルバム『トゥ・キル・ア・キング』が遂にリリース。



2015.4.15 ON SALE

TO KILL A KING
“TO KILL A KING”

トゥ・キル・ア・キング『トゥ・キル・ア・キング』
■品番:XMR103CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Compare Scars
2. Love is not Control
3. Oh My Love
4. Friends
5. The Chancer
6. School Yard Rumours
7. Good Times (A Rake's Progress)
8. Musicians like Gamblers like Drunks like Me
9. Grace at a Party
10. World of Joy (A list of things to do)
11. Today

To Kill A King - Love Is Not Control



「彼らの曲は複雑な構造をしているが感情にストレートに訴えかける」(The Guardian)

トゥ・キル・ア・キングは今あなたが最も注目をしなくてはならないUKのバンドだ。彼らは既にシェファーズ・ブッシュ・エンパイアをソールド・アウトすることができる。またヨーロッパ各地でもライブの規模を大きくしている。
 バンドはロンドンをベースに活動し、現在のメンバーはRalph Pelleymounter (vocals / acoustic guitar)、Josh Platman (bass / cello)、Josh Taffel (drums)、Grant McNeil (electric guitar)、Ben Jackson (synth and keys)の5人。そのサウンドはマムフォード・アンド・サンズ、ザ・ナショナル、グリズリー・ベアといったバンドと比較される。2009年に当時リーズ大学の学生であったフロントマンのRalph Pelleymounterを中心に結成され、2011年にファースト・シングル『Fictional State』でデビュー。その後、2枚のEP(『My Crooked Saint』『Word Of Mouth』)を経て、2013年にデビュー・アルバム『カンニバルズ・ウィズ・カトラリー』をリリースした。同年、バンドはXtra Mile Recordingsと契約。同レーベルよりデビュー・アルバムがボーナス・トラックを追加収録した形で再リリースされた。バンドメンバーを若干変更した後、2014年にはEP『Pursued A By Bear』をリリース。このEPで彼らは音楽スタイルを若干変更し、これがセカンド・アルバムの指標となった。また同年、バンドはライブ活動も積極的におこない、3月にはSXSWでもプレイしバスティルやフランク・ターナーと北アメリカをツアーした。また、7月にはハイド・パークにも出演。その後、ポール・ヒートンのサポートとしてツアーも行った。
 2015年1月にはセカンド・アルバム『トゥ・キル・ア・キング』をリリースすることを発表。アルバムは2014年末にマーク・クルー(バスティル他)をプロデューサーに迎えロンドンでレコ―ディングされた。


【同時発売/2015.4.15 ON SALE】
トゥ・キル・ア・キングのデビュー・アルバム。オリジナルのアルバムに4曲を追加収録したデラックス・ヴァージョン(2013年作品)。

TO KILL A KING
“CANNIBALS WITH CUTLERY”

トゥ・キル・ア・キング『カンニバルズ・ウィズ・カトラリー(デラックス・ヴァージョン)』
■品番:XMR074CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. I Work Nights And You Work Days 2. Cold Skin 3. Funeral 4. Wolves 5. Cannibals With Cutlery 6. Besides She Said 7. Gasp/The Reflex 8. Choices 9. Rays 10. Children Who Start Fires 11. Fictional State 12. Family 13. Letters TO My Lover The Dylan Fan 14. Cannibals With Cutlery (Reprise)* 15. Standing In Front Of The Mirror* 16. We Used To Protest/Gamble (Gamblers Version)* 17. Howling (Acoustic Version)* *Additional tracks for Deluxe Version






スポンサーサイト
2015-02-24 : Xtra Mile Recordings :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム