■Stornoway / 英オックスフォードのオルタナ・フォーク・バンド、ストーノウェイ。高評価を獲得した前作から2年、ギル・ノートン(ピクシーズ、フー・ファイターズ他)をプロデュースに迎えたサード・アルバム『ボンクシー』完成。



2015.4.15 ON SALE

英オックスフォードのオルタナ・フォーク・バンド、ストーノウェイ。
高評価を獲得した前作から2年、ギル・ノートン(ピクシーズ、フー・ファイターズ他)をプロデュースに迎えたサード・アルバム『ボンクシー』完成。


STORNOWAY
"BONXIE"

ストーノウェイ『ボンクシー』
■品番:COOKCD618J[[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税 ※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。

【収録曲目】
1. Between The Saltmarsh and the Sea
2. Get Low
3. Man on Wire
4. The Road You Didn’t Take
5. Lost Youth
6. Sing With Our Senses
7. We Were Giants
8. When You’re Feeling Gentle
9. Heart of the Great Alone
10. Josephine
11. Love Song of the Beta Male

Stornoway - The Road You Didn't Take (Official Video)



ストーノウェイは英オックスフォード出身のオルタナ・フォークのバンドだ。メンバーはBrian Briggs、Jon Ouin、Oli Steadman、Rob Steadmanの4人で、バンド名はスコットランドの街「Stornoway」からとられている。2010年、4ADと契約しデビュー・アルバム『Beachcomber's Windowsill』をリリース。同アルバムは大絶賛されイギリスではシルバー・ディスクを獲得。各メディアで同年の年間ベストアルバムの1枚に選出された。2013年にはセカンド・アルバム『Tales From Terra Firma』をリリース。同アルバムもUKチャートの26位にランクインするなどヒットを記録した。
当サード・アルバム『ボンクシー』のプロデュースはギル・ノートン(ピクシーズ、フー・ファイターズ他)。アルバムのタイトルや歌詞からもわかるように、バンドの野生動物や鳥に対するパッションやバックグラウンドが以前のアルバムより強く反映されている。これはシンガーで鳥類学の博士でもあるBrianがイギリスの田舎に移ったことに起因している。「自分を刷新したかったんだ。もっと自然とコネクトしている感覚がほしかったんだ。自分は小さいんだ、と感じたかったんだ」とBrian語る。Brian同様、他のメンバーも地元から各地に移動していた。Oliはデモを作りながらフィールド・レコーディングをするため世界中を旅し、Robはニューヨークへ移りアルバムのアートワークやグラフィックのイメージを作成した。セカンド・アルバム『Tales from Terra Firma』は個人的な物語が中心であったが、当作はより外へと向かった作品だ。このアルバムには自然の力に対する謙虚と驚異の念、相手や自然を尊敬し尊重しする欲求と必要性、といった理想的な人道主義が詰まっているのだ。




スポンサーサイト
2015-03-06 : Cooking Vinyl :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム