■Twinsmith / ネブラスカ州オマハのポップ・ロック・バンド、ツインスミスの新作が完成。 イマジン・ドラゴンズを手掛けたことでも知られるエンヴィー・コーズをプロダクションチームに迎え制作されたセカンド・アルバム。



2015.5.6 ON SALE

TWINSMITH
“ALLIGATOR YEARS”

ツインスミス『アリゲーター・イヤーズ』
■品番:LBJ-215CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,000+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
01. Seventeen
02. Alligator Years
03. Is It Me
04. Shut Me Out
05. Constant Love
06. Said and Done
07. Lost Time
08. Haunts
09. Dust
10. Carry On

Twinsmith - Alligator Years


ツインスミスはネブラスカ州オマハのポップ・ロック・バンドだ。メンバーはJordan Smith(V/G)、Oliver Morgan(D)、Matt Regner(G/Syn)、Bill Sharp(B)の4人。2013年にセルフタイトルのデビュー・アルバム『Twinsmith』をリリースし、地元のオマハ・エンターテインメント・アワードでベスト・アーティスト・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされた。当『アリゲーター・イヤーズ』はバンドにとって2枚目のアルバムでサドル・クリークと契約後、初となるアルバムだ。先のデビュー・アルバム『Twinsmith』と同じく2013年にリリースされたシングル「Honestly」を発展させた内容で、音楽的にバンドは自分達を前進させ、よりダイナミックでポップなサウンドへと向かった。メロディックなロック「Seventeen」、遊び心のあるポップ「Alligator Years」、シンガロンングできるレトロ・ポップ「Is It Me」、ニューウェイヴ的な「Constant Love」、キラキラとしたポップ・ソング「Said and Done」「Haunts」、ムーディーでスローなバラード「Dust」「Carry On」といった具合に、様々なヴォーカルやスタイルを導入した為、多様性を持った楽曲が収録された作品となった。アルバムには切望と探求といった若き感覚が満ちており、高値と安値、長所と短所、利益と不利益、希望と恐れといった20代の人生の不安が見事に反映されている。収録曲は2014年を通して書かれ、オマハでレコーディングされた。プロダクションチームはエンヴィー・コーズ(The Envy Corps)のLuke PettipooleとBrandon Darner。彼らはイマジン・ドラゴンズを手掛けたことでも知られ、Brandonはかつてスリップノットのメンバーでもあった。「プロパルシヴでダイナミック。ディープなレトロ・ポップに溢れている」とAV Clubは作品を評している。




スポンサーサイト
2015-03-27 : Saddle Creek :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム