■Eternal Tapestry / オレゴン州ポートランドのサイケデリックなエクスぺリメンタル・ロックバンド、エターナル・タペストリー。大きな評価を獲得した前作に続くスリル・ジョッキー契約後3枚目となるアルバム『ワイルド・ストロベリーズ』、リリース。



■アーティスト:ETERNAL TAPESTRY(エターナル・タペストリー)
■タイトル:WILD STRAWBERRIES(ワイルド・ストロベリーズ)
■発売日:2015年4月22日

品番:THRILLJ388[国内流通仕様]/価格:¥2,000+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。


■収録曲目:
1. Mountain Primrose
2. Wild Strawberries
3. Enchanter’s Nightshade
4. Woodland Anemone
5. Maidenhair Spleenwort
6. Lace Fern
7. Pale-Green Sedge
8. White Adder’s Tongue

エターナル・タペストリーはサイケデリックなエクスぺリメンタル・ロックを鳴らすバンドだ。2005年の秋にSonny SharrockやNeu!を愛する仲間が集まり、オレゴンのポートランドで結成された。バンドの中心はNick Bindemanで、メンバー変更を繰り返しながらアルバムやEP等を様々なフォーマットでリリースしてきた。バンドは2010年にスリル・ジョッキーと契約。2011年にアルバム『Beyond The 4th Door』、2012年には『A World Out of Time』をリリース。両作品ともPitchforkを始めメディアから大きな評価を獲得している。エターナル・タペストリーは自分達の印象主義的なサウンドとホームタウンを囲む深い森の間に常に相互作用の感覚を持ってきた。そして当アルバム『ワイルド・ストロベリーズ』では、新しいレベルでの自然主義的なインスピレーションを獲得している。アルバムはオレゴンのジグザグにある人里離れたキャビンでレコーディングされた。近くにジグザグ川が流れ、このあたりのフローラル・メイク・アップを学び星空の下でリラックスしながら彼らは時を過ごした。こうした外の世界から長い間隔離された理想主義的なライフスタイルは、時としてレコーディングをチャート化する手助けとなった。実際、『ワイルド・ストロベリーズ』のアートワークと曲名は地域固有の植物からとられている。大規模なオレゴンの空の開放性と木々の緻密性とのコントラストは『ワイルド・ストロベリーズ』の中での広大なギター•トーンと迫り来るオルガンのドローン・サウンドと共鳴しているのだ。





スポンサーサイト
2015-04-08 : Thrill Jockey :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム