■Tal National / 西アフリカ・ニジェール共和国のバンド、タル・ナショナルの4枚目のアルバムが完成。初の国外リリースとなった前作でシーンに大きな衝撃を与えた彼らのファットキャット・レコーズからは2枚目となる通算4枚目の作品。



西アフリカ・ニジェール共和国のバンド、タル・ナショナルの4枚目のアルバムが完成。初の国外リリースとなった前作でシーンに大きな衝撃を与えた彼らのファットキャット・レコーズからは2枚目となる通算4枚目の作品。

2015.7.29 ON SALE


TAL NATIONAL
“ZOY ZOY”

タル・ナショナル『ゾイ・ゾイ』
■品番:FATCD137J[国内流通仕様] ■価格:¥2,200+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。

【収録曲目】
1. Zoy Zoy
2. Koana
3. Claire
4. Sey Wata Gaya
5. Farila
6. Tenere
7. Kodaje
8. Saraounia

Tal National - Claire


西アフリカ・ニジェール共和国の主都ニアメで、ギタリストのAlmeidaを中心に、2000年にバンドを結成。2006年にファースト・アルバム『Apokte』、2008年にセカンド・アルバム『A-Na Waya』をリリース。『A-Na Waya』はニジェールのチャートでトップとなり、数々の音楽賞を受賞。この時よりタル・ナショナルはニジェールでのトップ・バンドとしての地位を確立した。2013年、Fat Cat Recordsと契約を結び、サード・アルバム『Kaani』をリリース。このアルバムは初めてニジェール以外の国でもリリースされたアルバムで、西アフリカの音楽をベースに独特のギター・テクニックや12/8拍子のリズムを取り入れたそのサウンドが、批評家たちの間で大きな評価を獲得した。当『Zoy Zoy』は自身4枚目のアルバムで、前作同様、シカゴをベースに活動するプロデューサー/エンジニア、Jamie Carterによって、リモート・レコーディングの装備をもって、地元ニアメでレコーディングされた。バンドは一日中レコーディングをおこなった後も、夜には毎晩長いライブをおこなった。こうしてライブのエナジーをアルバムにとりいれようとしたのだ。まさに『Zoy Zoy』は、彼らの伝統的なルーツと純粋な喜びやセレブレーションを抽出した作品と言ってもいい。アルバムのリリース後、バンドは国外をツアーする予定だ。ライブは基本、6人のミュージシャンでおこなわれるが、13名までに膨れ上がることもある。曲によってパートのチェンジは頻繁に行われ、一晩で二つのライブを同時にこなす為、バンドが二つに分割されることもある。





スポンサーサイト
2015-06-24 : FatCat Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム