■The Good Life / カーシヴのフロント・マン、ティム・ケイシャー率いるオマハのインディ・ロック・バンド、ザ・グッド・ライフ。約8年振りとなる5枚目のアルバム『エヴリバディーズ・カミング・ダウン』が遂に完成。



2015.8.19 ON SALE

THE GOOD LIFE
“EVERYBODY'S COMING DOWN”

ザ・グッド・ライフ『エヴリバディーズ・カミング・ダウン』
■品番:LBJ-221CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,000+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. 7 In The Morning
2. Everybody
3. The Troubadour's Green Room
4. Holy Shit
5. Flotsam Locked Into A Groove
6. Forever Coming Down
7. Happy Hour
8. Diving Bell
9. Skeleton Song
10. How Small We Are
11. Ad Nausea
12. Midnight Is Upon Us

The Good Life - Everybody


ザ・グッド・ライフは2000年にカーシヴのフロント・マン、Tim Kasherのソロ・プロジェクトとして始動したインディ・ロック・バンドだ。メンバーはTim Kasher、Stefanie Drootin、Ryan Fox、Roger Lewisの4人で、現在は確立されたバンドとして活動を行っている。2000年にTimとMike Mogis(Bright Eyes他)のプロデュースによるデビュー・アルバム『Novena On A Nocturn』をBetter Looking Recordsよりリリース。2002年にはSaddle Creek Recordsよりセカンド・アルバム『Black Out』をリリースした。EP『Lovers Need Lawyers』を経て、2004年にはサード・アルバム『Album Of The Year』をリリース。2007年には4枚目のアルバム『Help Wanted Nights』をリリースしている。当『Everybody's Coming Down』はバンドにとって5枚目となる約8年振りのアルバムだ。2013年の10月から2014年の末にかけてTimによって同作品の曲は書かれ、2015年の1月に地元オマハのARC Studiosでレコーディングは行われた。ミックスはテキサスでJohn Congleton(St. Vincent, Cloud Nothings他)が手掛けた。アルバムではRogerのクラシック・ロックに対する愛、Ryanのメロディーに対してのアプローチ方法、Stefanieのベースとカラフルなヴォーカル・アレンジ、そしてTimのソング・ライティングが絶妙に混じり合っており、過去のどの作品と比べても、初めて4人が「バンド」として体現された作品となっている。




スポンサーサイト
2015-06-24 : Saddle Creek :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム