■Will Varley | 各メディアより大絶賛を浴びた前作から約2年、英ロンドン出身のSSW、ウィル・ヴァーリィのサード・アルバムが完成。 「イギリスでも一流のシンガーソングライター」フランク・ターナー



2015.11.4 ON SALE

各メディアより大絶賛を浴びた前作から約2年、英ロンドン出身のSSW、ウィル・ヴァーリィのサード・アルバムが完成。
「イギリスでも一流のシンガーソングライター」フランク・ターナー



WILL VARLEY
“POSTCARDS FROM URSA MINOR”

ウィル・ヴァーリィ『ポストカーズ・フロム・ウーサ・マイナー』
■品番:XMR110CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,100+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. As For My Soul
2. The Man Who Fell To Earth
3. Seize The Night
4. Outside Over There
5. This House
6. Talking Cat Blues
7. From Halcyon
8. Dark Days Away
9. Send My Love To The System
10. The Endlessness And The Space Between
11. Concept Of Freedom
12. Is Anyone Out There
13. The Question Of Passing Time

Will Varley - 'The Man Who Fell To Earth' (official video)


 ウィル・ヴァーリィは英ロンドン出身のSSWだ。2000年代からロンドンでライヴ活動を始め、2010年にはケントに移り、そこでCocos Loversというバンドと一緒にSmugglers Recordsを始めた。2011年にはデビュー・アルバム『Advert Soundtracks』をリリースし、ギタ―を抱え、徒歩でツアーをおこなった。2013年にはセカンド・アルバム『As The Crow Flies』をリリースし、好意的なレヴューを多数獲得。Q誌は当アルバムを「ただ素晴らしい」と絶賛した。アルバムの曲はBBCの3や6、そしてXFMなどでも広くオンエアされ、Mike Harding Folk Showでも多くの曲がプレイされた。アルバムのリリース後、ウィルはBeans On ToastのUKツアーをサポート。2014年の2月には、「イギリスでも一流のシンガーソングライター」とウィルを評するフランク・タナーのライヴのサポートにも招かれた。また、同年5月には再び徒歩によるツアーを実施。今回はイギリスの南海岸を回り、計24のライヴを行い、歩いた距離は500マイルにも及んだ。この徒歩でのツアーが終わった後、ウィルに対する注目はますます高まり、曲はBBCの各チャンネルやXFMで頻繁にオンエアされるようになり、Steve Lamacq等の著名なDJも彼をサポートするようになった。またこの年の夏にはKendal CallingやCambridge Folk Festivalといったフェスティヴァルでもプレイした。
 2015年になるとウィルはTime Outのライジング・スターズの一人に選ばれ、3月には、ロイヤル・アルバート・ホールで行われたフランク・ターナーのライヴのオープニングでプレイする直前、そのバックステージでXtra Mile Recordingsと契約。5月には春のツアーにあわせEP『Live At The Lighthouse』がリリースされ、iTunesのSSWチャートにもランクイン。夏にはBestival、Port Eliot Festival、Green Manといった多くのサマー・フェスティヴァルでプレイした。そしてフランク・ターナーとのUKツアーを前に、当サード・アルバム『ポストカーズ・フロム・ウーサ・マイナー』がリリースされる。




スポンサーサイト
2015-10-19 : Xtra Mile Recordings :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム